建築総合サービス業 株式会社トーケン

社長コラム

未来への胎動 代表取締役社長が、その想いを綴ります。

51期下期を迎え

2020年9月18日

9月16日には菅内閣が発足しました。新内閣は新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ景気の回復に向けた政策の継続性を重視した布陣であり、今後の企業の設備投資を促す経済対策に期待したいと思います。社長に就任してから早や、2ヶ月程が経ちました。根上会長から、社長としての役割をいろいろな面でご教授頂きながら、また、経営陣と社員の皆さんの仕事への取組み姿勢や常日頃の努力を、今まで以上に実感しております。弊社は、9月より51期の下期を迎え、上期の営業部門の頑張りもあり、今期の売上も100億円到達まで、もう少しというところまで来ました。利益率も、購買や現場の努力により向上しており、各部署が良い形で連携できた成果と捉えています。

コロナ禍に於ける先行き不安の中、この先の受注が厳しくなることは想定していますが、経営陣はもちろん各部署が、これまで以上に自覚と責任、危機意識を持ち、常にアンテナの感度を上げ、これからのニューノーマルと呼ばれる新しい時代に相応しい、ITを活用した新たな業態を模索しながら、来期を見据えた営業部門の取り組みと、現場では引き続き、施工品質の確保と、コロナ対策と安全第一での業務を徹底していきます。改めて、常日頃のお客様からのご厚情と、お取引会社様のご協力に感謝し申し上げ、51期下期に向けたメッセージと致します。

代表取締役社長 伊野 博俊

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る