建築総合サービス業 株式会社トーケン

社長コラム

未来への胎動 代表取締役社長が、その想いを綴ります。

52期スタートにあたり

2021年3月1日

3月1日から、トーケングループは52期のスタートです。

中期5ヵ年計画の初年度の位置づけの年度となります。私自身、社長として初めて、年度期首からのスタートとなりますが、本年度も、全社員とともに誠心誠意取り組んで参りますので、宜しくお願い申し上げます。

昨年度は、新型コロナウイルス感染症の猛威により、世界規模で世の中の常識やニーズは大きく変わり、社会全体が大きく影響を受けました。まずは、早期のコロナ禍終息とあわせ、景気回復を願うばかりです。そうした中、トーケンは、コロナ禍に於いても50周年記念事業の成功をはじめ、働き方改革への取り組みなども実践し、対外的にも高評価を得ることができました。また、多くのお客様や関係者の方々からご厚情を頂き、売上高100億円を5期連続で達成することもでき、社員一人ひとりの危機感をもった努力に改めて感謝申し上げたいと思います。

今年度は、中期計画のもと、5年先の姿を見据え、地域スーパーゼネコンを目指し、成長戦略をもとに一つひとつの重要課題を着実にクリアしていくことが、「名実ともに石川の代表企業」として成長するための道のりと捉えています。中期計画のスタート年度に当たる52期全社スローガンは、『「未来への胎動」更なる飛躍へ!全員経営の気概で、地域スーバーゼネコンの使命を全うしよう!』としました。昨年度から引き続いて、コロナ禍での先行き不透明な中でのスタートとなりますが、今まで以上に、お客様からの多様なニーズに対応し、必要とされ選ばれる企業として、また「地域のお役立ち企業」として、地域社会に貢献して参ります。これからの時代は、今まで以上に、変化に対応するスピードが求められる時代です。トーケンは、本年度も時代の先を見据え、「全員経営」の気概で取り組んで参りますので、本年度も変わらぬご厚情と、ご指導ご鞭撻をお願い申し上げ、期首のご挨拶とさせて頂きます。

 

 

 代表取締役社長 伊野 博俊

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る