建築総合サービス業 株式会社トーケン

会長室だより

令和4年度トーケンアカデミー開校式 激励のことば

2022年4月13日

皆さんお早うございます。本日はトーケンアカデミー第3期生の開校式です。新入社員の皆様には、ご入校、誠におめでとうございます。先ほど伊野社長、岡校長からも縷々お話がありましたが、私からは激励のことばとして一言申し上げます。

今年のアカデミーは3期目となります。これまでのカリキュラムや運用の反省を含め、どうしたら研修内容が良くなるのか、受講生や受入現場の所長にも意見を聞くためアンケートを実施し、その内容をもとに改善して今期のカリキュラムをスタートいたします。私が考えるトーケンアカデミーの目的は、とにかくここで学ぶことで、皆さんが同期生として生涯に亘る仲間づくり、欲を言えば友情を育んでもらえれば良いなあという想いがあります。そして、社会人として、建設マンとして、トーケンマンとして初めての現場業務を前に、皆さんが安心して、希望を持って業務に就いていただけるようにということが願いです。そのために、世の中のことや会社勤めとは、人間関係づくり、上手く世渡りするコツなどに至るまでを学んでいただければ素晴らしいと思います。もちろん、建築技術や安全管理など現場で必要な初歩的な事を学んでいただき、一日も早く即戦力になっていただければ、これほど嬉しく有難いことはない、それが開校にあたっての私の想いです。

いよいよ今日からアカデミーがスタートいたします。昔、私が先輩から指導を受けていたことを思い出しました。「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」。疑問に思ったこと、知らない事があれば、何でも勇気を出して質問をしてください。トーケンは、大企業の様な減点主義ではありません。人を大切にし、一人前にする加点主義で社員を評価し、成長できるよう促しています。社員の成長があってはじめて会社が成長できるという考えです。「成長するも停滞するも、社員(人財)あってのこと」なのです。

もうひとつ、A君とB君の話です。A君は毎日時間を見つけて本や新聞などを読み、知識を得て知恵づくりに努力していました。一方、B君はそのような思いもなく、毎日漠然と過ごしていました。10年後にどれだけ差がつくか考えていただきたい。私は、入社当時、上司からこの話を聞かされたことが忘れられない程、その上司に感謝しております。会社というところは、人間関係を学び、幸福になるための「人生大学」だと思っています。どうか、先輩社員の皆さんは、可愛い後輩には親切に、思いやりを持って接してください。

皆さんの頑張り、奮起を期待して、私からの激励のことばといたします。

代表取締役会長 根上健正

 

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る