建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ

活きた部署になる為に

2021年3月1日

2021.03.01 大西昨年7月27日に根上会長、伊野社長が就任されてから早7ヶ月が経ち、本日3/1よりトーケンは第52期に入ります。

根上会長が尽力され、変化を恐れず改革と挑戦を繰り返し、大きく飛躍したトーケンの舵を伊野社長はしっかりと受け取り、会社の未来を見据えた成長経営戦略、5ヵ年中期計画(成長戦略)を本日発表されました。

 

会社として各部署の強化戦略を明確にする事により、各部署がその目標を達成する為の対策を考え、努力しなくてはなりません。その中で、私の所属する生産支援課が最も関係のある戦略は、生産性向上と技術力向上戦略です。生産支援課は、昨年よりトーケンアカデミーにて、新入社員に現場での作業効率・時間短縮の為にJW CADを教えていますが、時代は2次元から、様々なデータを共有する事により、作業の効率化や生産性向上・品質確保をする3次元の時代に徐々に移行しつつあります。

 

また、国土交通省は、令和元年、建築物の生産プロセス及び維持管理における生産性向上を図る為、BIM/CIM推進委員会の下に『建築BIM推進会議』を設立し活動を始めています。そして、トーケンでも今期より、BIM推進委員会を立ち上げ、今後のBIMによる設計・施工・品質管理・環境管理・維持管理に対応すべく、徐々にではありますが環境を整え、知識・技能を習得し、準備を進めていく予定です。

 

これから私も、新入社員同様、新しい環境に恐れず、改革と挑戦を繰り返し、『活きた部署』・『活かされる部署』になる為に、日々精進していきたいと思います。 S.O.

顧客基盤拡大を使命として創活営業に邁進

2021年2月25日

2021.02.25 大蔵2月はトーケンの決算月。未曽有のコロナ禍の中、今期はどうなるかとの心配もありましたが、取り越し苦労でした。記念すべき50周年の節目を社員一致団結した頑張りで乗り切り、終わってみると昨年以上の好成績が残せました。とりわけ売上高では5年連続の100億円越え、ありがたいことです。

 

さて、ブログタイトルのこと。

トーケンでは毎期、部門ごとに一年間の活動計画を立て明文化しています。

さらに計画に基づく活動を半期ごとに振り返り、必要に応じて対策を施す。

そのPDCAサイクルを全社で共有することで計画進捗の有効性を高めています。

 

計画を立てる際、各部ごとに計画に向かう意気込みや心構えをスローガンとして一文に集約するのですが、タイトルの「顧客基盤強化を使命として創活営業に邁進」は新しい期に向かう我が金沢営業本部のスローガンです。「創活」は造語で、「創」は「営業案件を創り込もう」という意気込みを、また「活」は「活きた仕事、気配りの効いた仕事をしよう」という心構えを表しています。 実はスローガンには数値目標が続きます。金沢営業本部の場合は「必達〇〇」で○○には具体的な受注目標額を入れています。つまり、数値目標を意気込みや心構えとともに部全体で共有し士気を高めているのです。

 

ワクチン接種が始まったとはいえ、感染の終息にはまだまだ時間がかかりそうです。また、この先の経済への影響拡大についても不安を拭えません。

けれども、状況はどうあれ、このスローガンを念頭に今の勢いを止めることなく、果敢に頑張っていきたいと思っています。 T.O.

新たな年の目標を考える中で

2021年2月22日

2021.02.22 大石先日、第52期の経営方針発表会がありました。

私の所属する設計部においても、発表を前に部員で話し合いをし、来期の目標を考える中で自分たちが出来ていない事をどのように目標として掲げ、やっていくかの議論を重ねました。

 

来期においては、社長から将来を見据えた5か年中期計画を頂き、各部門の将来を含めた目標設定をする必要があります。今後の設計部をどのように形作っていくか?を考える事から検討を始めました。

議論を重ねる中で、現在の自分たちの現状は、体制として脆弱さがあり、基礎をしっかりと固めていかなければと感じました。さらなる意識改革と設計品質の向上を目標に、皆で考えをまとめていく過程を経た事で、部員からも目標を叶えるための具体案が出る等、良い刺激となり、重点目標を絞ることが出来ました。

また、技師長や設計部長にも意見を頂く事で、抽象的な目標をより具体的な目標に昇華させることも出来たと思います。

 

今後は中期計画の一年目として設計部を盛り立て、せっかく出来た目標をただの飾りで終わらせないように、今年の会長心構えにある『活きる』目標として活動していきたいと思います。 O.K.

待望の大型マンション完成

2021年2月18日

エントランス

エントランス

外観

外観

今年1月、約1年の工期を終え、小松駅前に大型マンションが完成しました。

完成したマンションを見上げながら、現場所長として、この工事に携われたことを改めて誇りに思います。

 

 

今回の現場メンバーは1年目の新人から10年未満の若手で構成されていたため、皆が新たな挑戦の日々でした。これまで経験したことがないたくさんの経験をし、各々が責任をもって業務に携わったことにより、すごく成長を実感しました。入社したばかりのころから指導してきた後輩が次席となって現場を仕切っている姿を見つめながら、改めて人材育成で大切なことは、「70%が経験、20%が薫陶、研修が10%」というように、このような大きな現場を経験することでしかできない成長があるのだと思いました。

 

 

トーケンには今後もたくさんの大型工事案件が控えています。地域スーパーゼネコンであるこの会社でしかできない経験をたくさん経て、

今の若手社員が会社を引っ張る10年後、20年後のトーケンの未来を思い描くと、胸が熱くなります。自分も若手に負けないように励んでいきたいと思います。  N.O.

 

新たな価値を創造する!!

2021年2月15日

DCIM100MEDIADJI_0039.JPG私は現在、建築現場責任者として大型プロジェクトに着任させていただいており、プレッシャーの中で、毎日試行錯誤しながら現場運営をしています。今回の工事は、主に自動車や産業機械用の部品を製造する企業様の敷地内に工場2棟を新築するのですが、単に建屋を増やすだけでなく、既存の本社工場との「融合」がポイントとなることから、この工事には「イノベーション計画」という工事名が付けられています。

 

「イノベーション」とは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のことであり、新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革を意味します。

つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して、全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすことを指すそうです。

 

「イノベーション」という言葉から、工事名に込められている意味を調べることで、お客様にとって今回の工事が、利便性の向上、生産効率アップを

期待されているものであることを改めて認識し、責任の重さを感じています。

 

現在は、開発造成工事も終盤となり、これからいよいよ本格的に建築工事が始まります。

自分なりにもいろいろな発想で工夫し、少しでもお客様の期待に応えられるよう、スタッフ一同協力し、満足して頂ける建物を完成させることができるよう努めます。 Y.K.

成果の見える化

2021年2月4日

2021.02.04 浮見2月に入り今期もあと1か月を切りました。今月には来期の方針が提示され3月からは目標新たに進むこととなります。

この目標を立てて業務を進めていくことに関して、最近ご指導いただく中で「業務を行い、得た成果が見えるか見えないか」という話がありました。

 

この成果が見える・見えないということについてですが、ご指導いただいた中では、

成果が見えるということは、業務を通して得た実績が数値化やグラフとして見える化され、分析ができることにより、良い点・悪い点が明確になり、次に目指すべきことがはっきりとする。

反対に、成果が見えないということは、業務を通して得た実績が抽象的に表現され、良い点・悪い点がはっきりせず、前段階を踏まえて次はどう行動すべきか、目指すべきところがみえなくなる。

という話でした。

 

このことをご指導いただいてから、今までの自分は業務を通して得た成果や実績をどうまとめ、次の行動に移していたのか振り返ってみましたが、分析が乏しい部分がありました。成果や実績を明確にし、次のステップへ移ることは、当たり前に思えて難しいことだと実感しています。

またこれからは、業務において得た成果を明確にする有効な方法は何なのかを考え、成果を分析し、次に目指すべきことは何なのかをはっきりさせる、そういう業務の進め方をし、地域スーパーゼネコンの使命を果たせる人材になるべく努めていきたいと思います。H.U.

里山活用

2021年2月1日

2021.01.30上田山間部での工事でずっと雪との闘いです。

 

現在、小学校統廃合に伴う廃校舎の里山活用事業の改修工事を行っています。

実は、自分の母校も含まれており過疎化が進んでいることを実感します。

 

秋はクマ騒動、冬は大雪、新型コロナの話題よりも、田舎では「自然との闘い」の方がホットな話題です。

現場は自宅からは近いですが、最短道路は雪による倒木で通行止めになってしまい、結局遠回り。。。

そりゃ人口減少も仕方がないのかもしれません。

 

そこで、私が現場監督を務める大規模改修工事では、旧校舎を利用し、山間部を活性化できる施設として生まれ変わらせています。

自然しかないところにその良さを活かした人の集まる拠点を設け、少しでもにぎわいのある地域づくりのお手伝いができればと、地元民として携われる喜びを糧に、竣工まで頑張ります。 T.U.

全体を見ること

2021年1月28日

DCP PHOTO新年を迎え、早や1ヶ月が経とうとしています。今年は数年ぶりの大雪となり、私が配属されている現場も、何日か駐車場確保のために雪かきに追われる日がありました。駐車場でも車が何台か雪にはまってしまい、数人がかりで救助する場面が何回かありましたが、現場の皆さんの協力もあって何とか除雪を行うことが出来、工事を進めることが出来ています。

 

私の初めての配属先であるこの現場も、完成まで残すところあと1ヶ月程となり、時間の流れる速さを感じています。わからないことだらけの状況の中で、丁寧に現場の事を教えてくださった所長や先輩社員の方には感謝の念しかありません。配属されてからの5ヶ月間、いろいろなことを見て、学びましたが一番強く感じたことは、「現場全体を見て/考えて行動すること」です。

現場では複数の工程が同時に行われており、一つの工程が他の工事にも絡んでくることが多々ありました。そんな中で滞りなく工事を進めるには、現場全体の流れを考慮した計画が必要であると、先輩社員の方の仕事ぶりを見て学びました。口で言うほど簡単なことではなく、常に状況が変化していく現場の中で全体を考慮するには、工事計画・日程を深く理解している必要があり、また素早い判断と決定も欠かせないことをこの現場を通して知ることが出来ました。

 

私はまだまだ学ぶべきことも多く、現場全体どころか、一つ一つの工程についてどういう流れで行うかについて学ばなければならない段階ですが、これからの成長のためにも、「現場全体を見る」ことを心がけていこうと思っています。完成までの残り1ヶ月、体調に気を付けながらも今の現場で精一杯働き、次の現場でも自分を成長させることが出来るよう頑張っていきたいと思います。 K.U.

10年の節目に

2021年1月25日

2021.01.25岩橋真新年が明け、早1月が経とうとしています。私にとって、今年は入社して10年目の年になります。

あっという間に年が過ぎた気がしますが、思い返してみますと、入った時とはかなりの変化がありました。

 

当時は売上高50億円突破が連続していたことが大ニュースでしたが、今では5期連続100億円突破も確実です。

それに伴い、様々なことが変化してきましたが、自分の業務も「内容と質」が変わっていき、意識も改革、改善しなければなりませんでした。

過去の前例にとらわれ、今までこうだったから・・・と、考えずそのまま行動しては、何も改革、改善されませんし、むしろマイナスになることもあり得ます。

変化する環境に対応するため、その時のベストまたはベターな行動を考えて選択し、実行しなければならないと思います。

 

まだまだ至らないところも多々あり、手探り状態なところもありますが、中堅社員となった今、会社のために必要な事を自分で考え、提案し、実行していく責任があることを自覚し、行動していきたいと思っています。 M.I.

「業務」と「仕事」

2021年1月21日

木場潟からの白山

新年を迎えましたが、年末年始は寒波到来で大雪に見舞われ、その雪も少しずつ溶けてきたと喜んだのも束の間、再度の降雪に今年の冬は長いのか…と早く春が来るのが待ち遠しい日々を過ごしております。

 

さて、皆様は日頃どのように毎日の業務、そして仕事に取り組んでおられますか?業務と仕事は同じようですが意味合いは違います。

「業務」が会社から与えられた仕事内容であるのに対して、「仕事」は目標を達成するために自らの意思で行う行動のことを指しています。

つまり、「業務」は会社側から与えられた受動的なもの、「仕事」は自らの意思で考え出した能動的なものとなります。

 

そして、与えられた作業を「仕事」に変えるために必要な要素は、

・「作業」と思わず、自らが興味と関心を持って取り組む意欲

・与えられた作業の見直しを行い、改善や効率化を進める

・当初の作業内容にプラスアルファした、高いクオリティの成果を出す

 

同じ業務をしていてもそれを単なる作業とするのではなく、プラスαを生み出す仕事として行った場合、自分自身、そして会社にとっての成長に繋がります。

今年の会長心構え「同じ“生きる”なら“活きる”としたい!」の言葉のように、「同じ業務をするのなら活きた仕事」という考えのもと、仕事として取り組めているのか?単なる作業となっていないか?と常に自問自答しながら、自分の与えられた業務を仕事に変えて取り組んで参りたいと思います。

そして今後も常に改善意識を持ち、生産性の向上、効果をもたらす事が出来るように、自ら考えて行動出来る社員でありたいと思います。 T.I.

心構え

2021年1月14日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA1月もすでに中旬になりました。

大型寒波による除雪作業に追われ、年末年始を慌ただしく過ごされた方が多いのではないでしょうか。

 

仕事始めの1月5日(火)に、協力業者の職長さんから、「現場が大雪の影響で困っているんじゃないか」「除雪協力にいつ呼ばれてもいいように待機しているよ」というご連絡をいただきました。正直、応援に来てもらいたい気持ちもありましたが、「新年早々は、みんなゆっくりしたいだろうな」と思い、応援を依頼することを思いとどまりました。そして、「このように心配してもらえる事はありがたいことだなあ」と温かい気持ちになることが出来ました。

 

先日も連休中に大雪が降った影響で、11日には入場ゲート付近で混雑が起き、近隣の方にも迷惑になることが予測されるため、私は一人で前日の日曜日に除雪作業をしようと考えていました。すると、一緒に現場管理をしている仲間から、「私が日曜日に除雪のために出勤します」という言葉があり、申し訳ない気持ちとありがたい気持ちで一杯になりました。二人で除雪作業を行った事で、入り口どころか、駐車スペース100台程度を確保する事ができ、当日(11日)は混雑も無く、スムーズに作業を始める事ができました。

 

 

毎年、弊社会長より新年の挨拶の際、心構えが発表されます。

 

今年は

同じ「生きる」なら「活きる」としたい

(たくさん考えて 気配りして 一生懸命に働くのが「活きる」の意味)

 

 

私は、「活きる」という言葉に感銘を受けました。

困った時に助けていただける環境に感謝し、私もみなさんの助けになれるように一生懸命、活きた行動 または 活きた仕事 をしていきたいと思います。 S.A.

今年の目標

2021年1月7日

新年あけましておめでとうございます。

本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い致します。

 

昨年の秋からタナベ経営さんの『業務改善スクール』という講義に社員数名で参加しております。

そこでは日々の業務の効率化やタスク分析などを通して業務の「ムリ」「ムダ」「ムラ」をなくすと言った取り組みに励んでいます。

アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏の言葉で『最も重要な事は、何をするかではなく、何をしないか決めることだ』があります。

このことで日々の業務を振り返ると、普段の業務の簡素化、合理化、排除など様々な改善点が見つかりました。

 

私は石川県立図書館新築工事の家具工事の現場代理人をしています。

石川県内でも注目の工事に携わることが出来、大変うれしく思います。

今年は業務改善スクールで学んだことを活かして仕事を進め、努力していきたいと思います。 Y.A.

新春

2021年1月4日

AME20181123C007_TP_V皆様あけましておめでとうございます。

本年も皆さまにとって良い年となりますようお祈り申し上げます。

 

昨年はコロナ禍の中大変でしたが、当社にとって記念すべき年でありました。社長交代と50周年の節目の年。「感謝のつどい」は実行委員会ほか社員の皆さんの協力のおかげで盛大にとりおこなわれ、お客様からは大変なお褒めと喜びのお言葉をいただき、私も本当に感激いたしました。改めて関係者の方々に感謝申し上げます。

 

第2創業期を振り返りますと、当社は本当に変わりました。社員から見れば、ただ一生懸命に前を向き、業務に邁進してきただけ、「変わってきた」なんて意識はないかもしれませんが、各部が「色々な事に挑戦し続けてきた」と言った方が、実感が湧くのではないでしょうか。次々と大型案件に取り組み、県を代表する企業やお客様との関係を構築してきたこと、「かがやきカンパニー」、「地域未来牽引企業」等に県を代表して選ばれたこと等、これらの事は一朝一夕にできることではありませんが、全社員の努力により実績を残す事ができました。また、働き方改革にもどの企業よりもいち早く取り組み、結果を出しています。挑戦する度に成長し、10数年前とは大きく違い、底力がつき逞しい会社へと変化してきました。社員一人一人が自信と誇りをもっています。これまで本当に頑張っていただきました。

 

さてこれから。

変化、改革を止めるわけにはいけません。「停滞は衰退」との言葉があるように、常に前に向かい進んで行く必要があります。

100年企業のビジョンと共に、まずは社長方針の「中期5か年計画」を着実に実践し結果を出していかなければなりません。

・コロナ禍の終息が見えない

・新幹線開業遅れのため、県の基幹産業の観光関連業に多大な影響

・公共工事は近年気候変動による自然災害復興が優先

・民間受注での価格競争の激化

・建設業の慢性的な人材不足と高齢化

 

業界を取り巻く環境は依然として厳しいものです。不安要素、課題は多くあります。しかし負けるわけにはいきません。さらなるIT化と業務効率アップ、生産性の向上等の問題に、全社員が向き合っていく必要があります。すべてが働き方改革にもかかわります。上からの指示を待ち、言われてからではなく、自ら発する変化対応力と意識改革が一層求められるのです。終息の見えないコロナ禍の中ですが、数々の課題を乗り越えてきた逞しい社員と力を合わせ、次のステージに向け新しいトーケンを創っていきたいと考えます。

改めて皆様とご家族のご健勝とご多幸をお祈りいたしまして、新年のあいさつとさせていただきます。M.K.

10年を振り返る

2020年12月24日

2020.12.24 米澤先日、七尾市和倉温泉にある加賀屋さんにてトーケン50周年感謝の集いが行われました。コロナ禍の中ではありましたが、加賀屋さんや実行委員の知恵と努力そして全社員の思いで、『完璧なコロナ感染防止対策』を完成させ、安全で楽しく感動的な良い式典になった事を準備に携わった方に感謝します。式典の後も『社員感謝の集い』を開催していただき有意義で楽しい記念すべき日になったと御礼を申し上げます。

 

私が入社した直後に40周年創立記念式典が行われました。当時のことをよく覚えています。当時も非常に盛大で華やかな式典でしたが、10年間でトーケンが100億円企業まで大きく成長できるとは、当時の私は想像もできませんでした。私、個人としては、この10年間で『県立中央病院』や『ホテルフォルツァ金沢』などの大型物件や金沢の目抜き通りでの新築工事を経験させていただき、個人としても大きく成長させていただきました。

今から10年後に行われる60周年記念式典には、トーケンがどこまで大きく成長しているか非常に楽しみにしています。

個人としても60周年、70周年と会社とともに大きく成長していきます。 S.Y.

手放せない存在

2020年12月21日

2020.12.18 吉野12月になり、寒い日々が続くようになり、朝起床しようにも、布団をなかなか離せない季節になりました。

体調も崩しやすい時期ですので、コロナウイルス感染対策とともに体調管理にも気を付けたいと思います。

 

話はかわりますが、私が入社してから5年が経とうとしています。

本当にあっという間でしたが、その間にたくさんの経験をしました。

楽しいことだけではなく、苦い思い出もありますが、これまでの経験は確実に私を成長させてくれていると感じています。

これからも成長し続けるために日々の業務に意欲的に取り組んでいきたいと思います。

 

建設総合サービス業としてお客様の多様な要望に応えられるように、もっと実力をつけ、1級建築施工管理技士の資格取得を目指します!

そして、寒い朝の布団のように、会社に必要とされる”手放せない存在”になれるよう、頑張ります! T.Y.

ページ上部へ戻る