建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

『梅雨入り』

2022年6月16日

2022.06.17 永松02石川県も梅雨入りしたとみられると、先日発表がありました。

梅雨入りとなると、雨が多くなり工事の方も天候に左右され、調整ばかりしていたため、憂鬱な気分になっていました。

 

先月、私が担当していた公園の工事が完成し、グランドオープンを迎えました。

公園には広い面積に芝があります。芝というものは、建設でよく使われるコンクリートやアスファルトとは違い、「芝は、張って完成」という手間のかからないものだ、と当初は思っていましが、実は真逆で、芝は根が生えて地面に据わってやっと1人前になるということでした。それまでは一見、一人前に見えても、芯が据わっていないと落ち着かず、芝に負荷をかけるとすぐに枯れてしまうデリケートなものだということを、痛感しました。芝が一人前になる条件として、「水やりが必要で、外気温が高くなると発育が推進される」と一般的に言われており、芝にとって梅雨は非常にありがたく、大切な成長期になります。

現在、公園はオープンしましたが、芝は一人前とはいえず発育中で、梅雨を待ち望んでいる状態でした。

 

今回、学んだことは

・最初に手間のかかるものほど後は比較的楽になる。(苦あれば楽あり)

・一人前になるまでの育て方は時期を見計らって適切に対処する。

 

人も芝も同じに思えてきました。

今年は7/23頃に梅雨があけるといわれていますが、その頃には公園の芝も一人前になっていますように、と日々祈っております。 Y・N

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る