建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

『未来への胎動』

2021年12月27日

㈱トーケン 金沢本社 増築工事 BIMモデル

㈱トーケン 金沢本社 増築工事 BIMモデル

伊野社長就任以来始めての年始を迎えてから、早1年が経とうとしています。

今年の年始は世界中がコロナの真っ只中、東京オリンピックの開催も危ぶまれ、どの様な1年になるのかとても不安な年明けでした。しかし、東振精機様のご厚意により、全社員が早期にワクチンを摂取する事ができ、誰一人としてコロナに感染する事なく、無事に1年間過ごせた事にとても感謝しています。

そして、今年は中期5か年計画の重要な初年度。工務部としては、購買部の設置・BIM推進委員会の設置・金沢本社増築工事など、様々なプロジェクトが始動しました。その中で私は、BIM推進委員会・金沢本社増築の図面支援に携わっています。今迄の概念を覆すBIMは、従来の建設生産プロセスを改革し、トーケン建設DX推進プロジェクトの要です。しかし、その環境を確立する為には、社員のスキルは勿論ですが、協力業者や施主様の協力なども必要であり、コストと多くの時間を要する大変なプロジェクトです。私もこれまでの固定観念を捨て、時代の流れに取り残されない様に日々チャレンジしていますが、習得はとても困難であり、悪戦苦闘の連続です。

常に先を見据え、成長しようとする会社はとても素晴らしいと思いますが、同時に、現状を把握し、地固めをする事もとても重要ではないかと思います。その為、私は現在の自分の立場や足元をしっかりと把握しながら、企業理念にあります、『未来への胎動』(「不易流行」変化を恐れず未来に向かって胎動する)を念頭に置き、会社の成長に少しでも貢献できるように、来年も日々努力していきたいと思います。 S.O.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る