建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

親心をもって

2021年9月6日

2021.09.06 東小松市ではコロナ関係で、今月12日まで学校体育施設の使用が原則休止との連絡が入りました。現在、子供がサッカーを習っており、私は今年度チームの保護者代表をしております。昨年に引き続き、沢山の大会や時には練習も中止になるなど、子供達には辛い日々が続いていますが、楽しんでサッカーをしています。

 

サッカーをする上で、多くの保護者の協力が必要であり、試合観戦や試合の審判、試合会場までの選手送迎などを行ないますが、都合によりなかなか参加できない方もいらっしゃいます。そんな中、なぜ自分が誰もやろうとしなかった今年度の保護者の代表をやろうと思ったかと考えてみました。振り返ると、私も小学生の頃サッカーを習っており、父親が保護者の代表をして、いろいろと世話をして頑張っていたことを思い出しました。子供のために親が頑張ることは当たり前のことだと思います。私が子供の頃、そんな父の姿を無意識に見ていたのだと思います。子供達には、今の自分がどのように映っているのか分かりませんが、何かを感じてほしいと思っています。

 

トーケンでは、9月から今年入社した5名の現場担当者が、各工事現場に現場係員として配属されます。私は部署が違いますが、同じ目標を目指す新しい5名のトーケンマンには親の気持ちのように接し、また、地域スーパーゼネコンの名にふさわしいトーケンマンの姿を行動や言葉使いなどで、お手本となるようにしていきたいと思います。 T.H.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る