建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

常に先を読む

2021年7月8日

Print現在、石川では梅雨入り真っただ中で毎日蒸し暑い中過ごしています。

先日、熱海では集中豪雨による土石流災害が起きたり、山陰地方では記録的大雨による避難指示が出たりと、コロナ禍で大変な時に避難所生活を余儀なくされている人々がいるというニュースが流れており、今年の夏はオリンピックどころではとの声も聞こえています。

最近の気象予報は正確になってきており、異常が起こると臨時ニュースがすぐ流れます。また、先月より線状降水帯発生情報の運用が始まり、以前よりも情報を得やすくなってきています。そして、何が起こっても災害に対応できるように防災用具などを準備する必要があります。

我々建設業としても工事を行う上で、天候等の自然災害だけでなく、いろんな災害や予測不可能な事が起こりうる可能性があります。そのような災害を起こさない為にも“危険予知”が大切であり必要です。何事に対しても、起こってからではなく起こる前に気づき、起らないようにする、若しくは起こってしまっても対応できるように準備等をしっかり行う事が大事です。常にアンテナを張って情報を収集し、先を読みながら邁進していきたいと思います。 O.T.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る