建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

「環境のトーケン」を目指して

2021年7月5日

2021.07.05 玉井静岡県や神奈川県では大雨の影響で大規模な土石流が発生し、甚大な被害が発生しています。被災された方々には心からお見舞い申し上げます。また、救助活動に従事されている方々のご尽力に敬意を表します。

今年は、近畿、東海地方で例年にない早い梅雨入りを観測し、沖縄では線状降水帯の発生による集中豪雨が発生しました。今までの四季の流れとは違う天候が日本全土で起きています。

動物や植物は、春から梅雨を経て夏の暑さに耐える準備をしていきます。ここ数年は夏の暑さに慣れる前に盛夏を迎え、体の暑さ対策が出来る前に猛暑による熱中症などが発生しています。加えて温暖化による気温の上昇が追い打ちをかけています。植物でも身近な植物の開花時期が昔と変化したり、太平洋側では落葉種なのに冬に落葉しないという報告もあります。

いま、環境に対する考え方が急速に変わってきています。日本政府も2035年を目標とした脱炭素社会を目指しています。官公庁だけでなく、民間企業においてもSDGsを企業経営に取り組んでおり、もちろんトーケンも取り組んでいます。SDGsの取り組みで一番大切な事は、「継続性」です。一時的な解決策ではなく、未来につながる事が大切です。その大きな目的の一つが「環境」になります。

私達グリーンビズ事業部は、「環境」をキーワードに新たな事業構築を進めています。今までの緑化事業だけでなく、今まで培ったノウハウを活用した新しい事業を模索しています。トーケンのSDGsの取り組みとして、地域社会に貢献する事業を目指し、事業部一丸となって取り組んでいきます。 Y.T.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る