建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

設計者としての自覚

2021年6月28日

HORIZON_0002_BURST20210617151029649.JPG6月も終わりを迎え、気温が高い日が続くようになってきました。

コロナウイルス感染防止のマスク着用もありますが、熱中症にはご注意してお過ごしください。

 

私は現在、当社が設計施工で受注した加賀市の工場建設計画の設計監理に携わらせて頂いています。計画スタートから約2年を迎え、現在は鉄骨工事に取り掛かり、工場の全体像が見える状態になりました。毎週、現場での定例会議に出席する度に、少しずつ建物が出来てくるのを見ると喜びが湧いてくるとともに、竣工までの期間に設計者としての自覚を高め、もっと頑張らなければという気持ちになります。また、設計監理として、杭工事、配筋検査、コンクリート打設、鉄骨製品検査など様々な経験をさせて頂いています。まだまだわからない事が多い状態ですが、設計者として必要な知識の習得に努め、信頼して頂けるように頑張りたいと思います。

 

竣工まであと5ヶ月となりますが、設計者としての自覚を持ち、しっかりと業務に励みたいと思います。

そして、この経験を活かして成長につなげることができるようにしたいです。Y.T.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る