建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

さらなる飛躍にむけて

2021年5月27日

2021.05.27 杉本私は現在、金沢市の美術工芸大学の建設工事の現場に配属となっております。この現場は、私にとっては初めての共同企業体としての管理を行っています。また、広大な敷地に7つの棟を同時に建てていくため、工事を進めていくには、現場員とのコミュニケーションや密な打ち合わせを行いながら管理をすることが重要となってきます。

 

規模が大きい現場では、関わる人の数も回数も多く、言った、伝えた、聞いてない、知らないなどと、全体を周知しきれていないことも起こりえます。現場員同士、各棟との調整を密に行い、作業員の方とも細かな打合せを行わないと現場がうまく回らなくなるので、横とのつながり、コミュニケーションをしっかりととることがとても重要です。

 

自分の思いを伝えるときには、相手にきちんと理解できるような話し方、伝え方が出来れば、手直し、手戻り等が無くスムーズに流れると思います。

これは、どの仕事、仕事以外でも大切なことですので、常に意識して次につながるようこれからも努力していきたいと思います。

 

石川県を代表する建物の建設に携わることができ、とても光栄です。

2023年2月完成予定と工期が長く、鉄筋コンクリート造・PC等はじめて経験することも多くありますが、さらなる自身の成長につなげていきたいと思います。 Y.S.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る