建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

協調性の大切さ

2021年4月22日

2021.04.22 木藤今年は桜の開花から満開、そして散果てまでが本当にあっという間で、春をゆっくりと楽しむ暇もなかったように思います。そして未だにコロナウイルスの感染状況は一進一退が続き、先行きが見えない様子は1年以上経っても変わっていません。ワクチンの接種が広がれば落ち着くとは言われているものの、国民全体に行き届かない事には本当の安堵は訪れないのだと思われます。

 

先日我が家の娘も医療従事者と言う事でワクチンの先行接種をしてきましたが、副反応にも個人差があるようで、自分自身はちょっと怖い気もしました。しかし、今の世の中にはワクチンしか対処法が無いのも事実ですので、早期の接種を期待したいところです。ちなみに、何事も先行することは大切な事だと理解していながら毎日の業務にあたっているわけですが、先行すると言う事と、焦って行動すると言う事は大きな違いがあると、先日とある情報番組を見ていて再認識しました。人間誰しも、時間がない中で行動すると、どうしても焦りが出てしまいミスを犯してしまいます。その原因の中には『単独行動』と言うものが大きくあると思いました。時間に追われて焦りながら、自分が頑張らなければならないと思う気持ちは分かりますが、一度周囲を見回し、自分の仲間を作ることにより、悩みの相談が出来、気付かなかった事が見えてきてミスを防げるのです。

 

非常に簡単な事を言っているように思いますが、今の世の中には年齢差や思想の違いから個人の殻に閉じこもってしまう事が多々あり、他人に相談できない人が多くいることも事実です。そのような状況を打破すべく、環境作りが今からの企業には絶対的に必要であると思いました。その点、弊社の場合、社内行事やテレビ会議システムの活用等で社員が積極的に顔を合わせる機会を多く設けている事により、直接話し合いが出来て、内勤社員と現場社員の意思疎通もスム-ズに図れて人間関係が構築できていると思います。自分自身もコミュニケ-ションをとり、更に良い人間関係の構築を心掛けていきたいと思います。 M.K.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る