建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

経験が活きる現場管理

2021年3月29日

2021.03.29 川上※施工中の社屋(外観イメージパース)

施工中の社屋(外観イメージパース)

心地よい春風が吹く季節となってまいりましたが、皆様はいかがお過ごしですか。

私は、現場管理の職種で毎日、外へ出ていますが、日に日に暖かく感じる陽気に気持ちを躍らせ、これからの季節を待ち遠しく感じています。

 

私は現在、金沢市の鉄骨5階建ての新築工事現場に配属されています。私にとって、5階建ての建物を担当するのは初めてであり、「今までの平家や2階建てなどの建物とは異なる経験ができるのだ」と、わくわくしています。

 

現場は4月中頃に建方を予定しており、現在は外壁や、内装の納まりについて検討を重ねている最中です。私は、初めての図面チェックを任されており、上司に教えてもらいながら、少しずつですが知識を広げているところです。図面をチェックしていると、今までの経験が活かされる場面が多々あり、これまで大変な思いも多くしてきましたが、無駄なことではなかったのだと、報われる日々の連続です。また、これまでの自身の経験が、より良い建物を建てる土台となっていることを実感し、とても仕事が楽しいと思う毎日です。

これから竣工まで、まだまだ多くの難題が立ちはだかりますが、これまでの経験や学ぶ姿勢を大切にし、立派な建物を完工させたいです。

 

私はこの4月で入社して5年目となります。先日、延期になっていた一級施工管理技士の実地試験が行われました。

合格発表が6月ということで、手ごたえは多少ありますが、結果はどうであれ、勉強したことは自分の糧になるので、現場で活かせるように精進していきたいです。 T.K.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る