建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

成果の見える化

2021年2月4日

2021.02.04 浮見2月に入り今期もあと1か月を切りました。今月には来期の方針が提示され3月からは目標新たに進むこととなります。

この目標を立てて業務を進めていくことに関して、最近ご指導いただく中で「業務を行い、得た成果が見えるか見えないか」という話がありました。

 

この成果が見える・見えないということについてですが、ご指導いただいた中では、

成果が見えるということは、業務を通して得た実績が数値化やグラフとして見える化され、分析ができることにより、良い点・悪い点が明確になり、次に目指すべきことがはっきりとする。

反対に、成果が見えないということは、業務を通して得た実績が抽象的に表現され、良い点・悪い点がはっきりせず、前段階を踏まえて次はどう行動すべきか、目指すべきところがみえなくなる。

という話でした。

 

このことをご指導いただいてから、今までの自分は業務を通して得た成果や実績をどうまとめ、次の行動に移していたのか振り返ってみましたが、分析が乏しい部分がありました。成果や実績を明確にし、次のステップへ移ることは、当たり前に思えて難しいことだと実感しています。

またこれからは、業務において得た成果を明確にする有効な方法は何なのかを考え、成果を分析し、次に目指すべきことは何なのかをはっきりさせる、そういう業務の進め方をし、地域スーパーゼネコンの使命を果たせる人材になるべく努めていきたいと思います。H.U.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る