建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

成長できる環境

2020年11月19日

2020.11.19松井朝晩は冷え込み、落ち葉も散り始め、冬の気配を感じる季節になってきました。

現場を管理する私にとって厳しい季節になりますが、今年は暖冬であってほしいと願うばかりです。

 

当社には4月に6名の新入社員が入り、トーケンアカデミーを経て9月から当現場に1名配属されました。

意欲的で、やる気の満ちた新入社員の姿を見て逞しく思う毎日です。

私は、教育を担当するにあたり、新入社員の成長に必要な要素を『コミュニケーション力』 『環境』 『意欲』だと考えます。

現場管理の仕事には、コミュニケーション力が不可欠です。

 

 

そしてコミュニケーションをとる上で肝要となるのが相手の感情、思いを感じ取る「感性」です。

「豊かな感性」があればコミュニケーションのなかで相手の意思・感情・要求をくみ取ることが出来、それがより多くの情報をもとに質の高いコミュニケーションをとることにつながります。そしてその「感性」を培うために、新入社員が多くの人たちと関わり、対話の経験を積み、多くの考え・知識を学べる「環境」を作ることが新入社員の成長につながるのだと思います。多様な人との交流は、感性を培うと共に多様な考え方・ものの見方を知ることにも繋がり、それらが働く際に必要な柔軟な思考を生み出すのでしょう。

 

 

そして何より新入社員がいま持っている「成長を続けていこうとする意欲」を失わないようにサポートし、導いていくことが新入社員を育てていく上で会社全体として必要なものだと感じています。

私も新入社員がこの先大きな成長を遂げられるように共に現場で働きながら教え、サポートしていきたいと思います。 Y.M.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る