建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

eco検定

2020年11月9日

2020.11.09 前出eco検定を受験することになりました。eco検定は、第1章から第6章まであります。

 

☘第1章<持続可能な社会に向けて>

環境問題に取り組んでいくうえで必要とされる基礎的な知識、考え方を習得します。人間が将来にわたって地球の環境からその恩恵を享受し、発展し続けていくためには「持続可能な開発」の考え方に基づく行動が必要である事を学びます。

 

☘第2章<地球を知る>

環境問題を理解していくうえで必要な環境問題を生じさせている背景や、世の中の動きを学習します。

 

☘第3章<環境問題を知る>

環境問題には、様々な現象があり、問題があります。「地球環境問題」を中心に扱い、地球温暖化、生物多様性問題や国際社会及び日本における取り組みの現状や課題などです。また、「地球環境問題」を中心に循環型社会づくり、大気の水環境、化学物質を取り上げています。

 

☘第4章<持続可能な社会に向けたアプローチ>

環境問題には、様々な事象があり、課題があります。これに対して、問題解決を目指して立ち向かうのが、どのような目標を立て、

どのような手法を用いて取り組んでいったらよいのかについて解説しています。

 

☘第5章<各主体の役割・活動>

環境問題を解決する主役は、社会を構成する全てのメンバーであり、国・自治体などの公的な主体、企業、市民及びNPO/NGOです。

具体的な取り組み事例や主体ごとの役割分担を解説し、協働の取り組みの重要性について説明しています。

 

☘第6章<エコピープルへのメッセ―ジ>

eco検定の合格は、新たなスタートであり、検定合格後も引き続き知識を充実させ、

持続可能な社会づくりの担い手として、具体的な行動に取り組むことが重要であるということです。

 

以上がeco検定の概要です。

非常に広範囲で専門用語が溢れていて大変そうですが、会長心構えにもある「絶え間ない改革!絶え間ないノウハウの蓄積!」を目指し、努力していこうと思います。 K.M.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る