建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ「みんなが主役」

強靭体質へ

2018年6月21日

今、我社はストロング(強靭体質)企業への変身を目指しています。その為には、自身がストロング(強靭体質)社員になることが必要です。スポーツの世界では、「心」「技」「体」が充実しなければ、良い結果が残せないとよく言われます。では、社員としての「心」「技」「体」、何が大事なのでしょうか。

 

Print  相手の立場で思う心

前向きなポジティブな心

自分責任論で責任感ある心

『メンタル・精神力の強化』すなわち『人間力向上』です。

 

  知識・技術力・資格・技量等を持っている。

また資格・知識があっても、それを発揮できなければ何にもなりません。

『技術・テクニックの習得』『技術を発揮できる応用力』も必要です。

 

  どんなに「心」「技」が優れていても、「体」がついていかなければ、何もできません。

『フィジカル・持久力などの体力』『健康管理』が必要です。

 

この三つの総和がパフォーマンスです。「心」「技」「体」が充実していなければ、パフォーマンスを発揮できません。ストロング(強靭体質)な企業に貢献するためにも、個人がパフォーマンスを発揮できる様に改善、努力することが必要です。常に「心」「技」「体」を意識し、ストロング(強靭体質)な人間になる為、仕事にプライベートにと、頑張りたいと思います。 K.H.

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る