第1章 「与信力が最重要である」

トーケン 「未来への胎動」 物語

建設業は今、オリンピック関連による東京一極集中現象など、バブル期を思わせる活況となっている。しかるに、地方と言えば、人口減や高齢社会対応などによる国の財政難が益々厳しくなる中、「地方消滅」などと揶揄されるほどの現実が迫っていると言える。一方、世界情勢も混沌とし、先の見通しもつかず不透明となり、日本国勢そのものの力強さもなく、特に地方の建設市場は大幅に縮小すると予測される。

 

 

地方の建設市場縮小の中で見えてきたこと
地方のことはわれわれ地場企業の活躍の場である

よって「地方のことはわれわれに任せてください!」↓

そのために、与信力を高め「安心して取引していただける」企業体質を強めなければならない

 
 

与信力とは?

「与信力」とは… 信用力や財務体力であるともいえるが、
私の考える「与信力」とは、単に財務力だけではない

↓

これからの難しい時代を生き残るためには、高い技術力などの信用力に加えて、
発展・成長し、勝ち残るための「成長戦略」があるかどうかが重要である 

↓

未来を見据え、創造・先取の気概と勇気をもって果敢に挑戦する
トーケンの「与信力」は必ず向上する!

 

 

 

トーケンの考える生き残り成長戦略とは?

地元ゼネコンの弱みを強みに変えていく
すなわち① 技術力 ②提案力(設計力) ③価格力 ④ 財務力 の「総合的与信力」を高める

↓

与信力が高く、お客様に安心して任せて頂ける企業とは?

↓

    地域に根付き、お客様に密着したサービスができるという強みを生かした                  「地域スーパーゼネコン」への変身が必要!

↓

そのための戦略とは?

 

第2章 地域スーパーゼネコンになるための戦略

 

ページ上部へ戻る