MENU

トーケンニュース

地方創生SDGs官民連携プラットフォームに入会しました!

2020年3月12日

お知らせ

株式会社トーケンは、SDGs(持続可能な開発のための目標)の達成に向けた取組みを通して、地域創生にも貢献していくため、内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」※1の会員となりました。

SDGsは、2015年に国連が掲げて以来、世界各国・日本国内にどんどん広がりを見せています。SDGsの取組みが世界の潮流となり、これからの未来に影響を及ぼすとして石川県内でも動きが活発になってきています。

 

当社には、かねてより地域貢献や社会環境向上の理念を基盤に、「企業理念・綱領・経営信条」に示された明確な企業存続にかかわる取組み方針があり、その方針に沿った多柱経営を実践してきました。当社の歩みは、すでにSDGsの精神を経営の中で具現化してきたとも言えるのではないかと思います。

 

 

当社は3月より新年度のスタートです。

 

第51期トーケングループスローガン

「未来への胎動」ここから始まる新たな挑戦

目指すは「地域のお役立ち企業」!故郷(ふるさと)に貢献しよう!

これから予想される厳しい環境の中、一人ひとりが更なる創造・先取・挑戦の気概を養い、絶え間ない改革のもと、全社員の熱い思いが企業成長への大きな力となると信じ、全社一丸となって「地域のお役立ち企業」として故郷へ貢献してまいります。

今後、SDGs達成に向けた当社取組みをわかりやすく可視化することで、多くの方に当社の取組みを発信し、時代の変化に対応する強靭な企業づくりをしてまいります。

 

 

※1  内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」http://future-city.jp/platform/

 

図

トーケンニュース一覧へ戻る

ページ上部へ戻る