こまつまちなみ景観賞

第18回(平成28年度)こまつまちなみ景観賞「夜間景観部門」

BRIDGE(小松市大領中町)

市街地周辺に建ち、1階にカフェを設けた商業建築。 端正でオシャレにデザインし、アプローチ、カフェ、ガーデンテラス等への抑えのきいた照明計画が魅力的な夜間景観を創出している。

☆_C8A0525

H29

 

第16回(平成26年度)こまつまちなみ景観賞「まちなみ部門」

ひかりっこ保育園(小松市川辺町)

園児の活動の賑いが地域に供出する開放的で親しみ感のある造りとするとともに、植栽を施し、建物を小割に細分化し、近接する住居群の家並景観と同調するよう図っている。

第16回 ひかりっこ保育園第16回 ひかりっこ保育園(表彰状)

 

第16回(平成26年度)こまつまちなみ景観賞「広告部門」

村井索道 社名看板(小松市串町工業団地)

芝生のランドスケープと一体化した環境彫刻風のモニュメント社名看板とすることで、向上団地地区の和らぎ感と清涼感を付加するものとなっている。

第16回 村井索道「社名看板」第16回 村井索道「社名看板」(表彰状)

 

第8回(平成18年度)こまつまちなみ景観賞

石川県立小松高等学校(小松市丸内町)

既存樹木を活かしつつ施設配置するなど、緑多い芦城公園との景観上の一体化が図られている。また高層棟を中央に配置するなど、近隣住宅地への圧迫感軽減等も配慮され、ゆったりとした街区環境を形成している。

小松高等学校

 

第4回(平成14年度)こまつまちなみ景観賞

やまきゅう京町店(小松市京町)

環境型社会の構築や歴史継承の大切さが語られる昨今、小松に残存する数少ない近代様式の建築を奇麗にリニューアルし、活用を図ったタイムリーな事例となっています。

第4回 やまきゅう

 

第4回(平成14年度)こまつまちなみ景観賞

北村邸(小松市白江町)

農村集落の景観にフィットしたゆったりとした家構えがデザインされています。松の大木を残した広々とした前庭部分は、街路に開かれた小広場的な役割を果たし、集落内の街路景観にゆとりを与えています。

 

第4回 北村邸

 

第3回(平成13年度)こまつまちなみ景観賞

宮本三郎美術館(小松市小馬出町)

歴史的な土蔵造りが持つ古き良き魅力を蘇らせ、同時に現代的な造りをもつ新築棟との間に、新旧の調和が取れた優れたまちなみ景観を創出しています。表通りに面する開放的でコンパクトな前庭広場の表情も、小松のまちなみに都市空間としての親しみある魅力を付加しています。

宮本三郎美術館

ページ上部へ戻る