MENU

社長コラム

新入社員を迎えるにあたって

2018年4月2日

今年もお陰様で、新入社員3名を迎える事ができました。トーケンを選んで頂いたことは有難いことと、感謝しております。若い力の仲間入りを、心より歓迎いたします。

 

今、新入社員の皆さんは、様々な想いの中で、夢や目標を胸に抱いていると思います。これからの社会人生活において、今の想いを大切にし、その実現に向けて日々努力を重ねて頂きたいと思います。そのためには、社会人、企業人としての先輩である私たち社員の、温かい思いやりある姿勢が大事だと思います。社員の皆さんには愛情を持って、教育・指導に当たって頂きたいと心より願っております。

さて、私たちトーケングループの経営信条に、「社員が輝く、“強く、やさしく、おもしろい企業”を創る」、「社員が主役の企業をめざす」とあります。また、「企業は人 人格陶冶に努める」、「トーケン社員は、礼節をわきまえ、品位と責任を重んじる」ともあります。要は、何よりも社員を大切にするという事です。

トーケンは、社員あっての企業です。社員同士は、苦楽を共にする絆を大切にしています。また、志を同じくする仲間であるとも思っています。その上で、企業には愛ある組織づくりがとても大事であると考えています。愛があるから厳しさも生まれる、愛が存在するから規律も保たれる、これが私の信念でもあります。また、トーケンは誠実な会社、信頼される会社であるよう、とにかく真摯に、日々粛々と仕事をする誠実さを、社員一人ひとりの大切なすべての行動力として頂きたいと指導しています。誠実な会社こそが、存続することを許されているのだということを断言しております。

よって、先輩社員の皆さんには、ぜひトーケンの企業理念、経営信条の中にある私の想いを、新入社員一人ひとりに伝えて頂き、企業理念に基づいたトーケンの企業文化、風土を高める努力をお願いしたいと思います。

 

 

~新入入社員に望むこと~

新入社員のあなたという人間は、あなた一人の手によって創られているのではありません。ご両親はもちろん、ご親族の皆様、そしてご友人の方々や、大学などの多くの先生方など、今日まで出逢った全ての人々、そして森羅万象に影響を受けてきた、それら全ての集大成があなたという人間です。誰しも他人に影響を与え、誰しも他人から影響を受けている。そう考えると、すべての出逢いが学びにつながることに気付かされます。

私(社長)自身の人生を振り返っても、これまで出逢った人々のお陰で今があると、一点の曇りもなく言えます。今あるのは皆様のお陰様であると、感謝の気持ちを持って更なる出逢いを重ね、対話によって得られた事実と知恵の結晶を大切にして頂きたいと願っております。

また、「この瞬間が人生である」と考えて下さい。「人生」とは、「今の瞬間」の連続です。本当は過去も未来も存在しないのだけれども、たまに過去を振り返ったり、未来を考えたりすることもあってもいい。

 

今、この瞬間だけがゆるぎない現実なのだ。

今、この瞬間から目を背けたり、逃げたりしてはいけない。

今、この瞬間だけが、あなたにとって確実な人生なのだから。

 

私から、新入社員の皆さんに、この言葉を贈りたいと思います。

 

 

~最後に~

これから始まる会社生活の中で、時には困難や壁にぶつかることもあると思いますが、そんな時、同志、仲間である先輩社員が、必ず皆さんの支えになるはずです。そのために、「人を大切にする」社員が主役の企業づくりに努めている訳です。

一人では絶対に悩まないで下さい。私が日頃から言っている事の中に、「共に悩み、苦しみ、喜びを分かち合う」という言葉があります。これからは、不透明な難しい時代と予測されています。この厳しい時代を乗り切るため、皆さん一人ひとりの成長が会社の成長、発展の強い基盤となることを期待しております。

代表取締役社長 根上 健正

 

 

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る