建築総合サービス業 株式会社トーケン

会長室だより

会社近況

2020年9月23日

早いもので7月27日の創立記念日からあっという間に2ヶ月が過ぎました。トーケンでは、社長交代という大きな出来事もありました。皆様の協力もあって、伊野社長も順調に業務を遂行して日々社長らしくなっており、今のところ、私から見ても期待通りの活躍をしていますので、皆様にはご安心していただきたいと思います。一方、9月16日には国のトップが菅首相となり、新内閣が誕生しました。この内閣は「規制改革」「縦割り行政」「悪しき前例」を打破するための改革を柱とする内閣です。国民のための『働く内閣』と言われています。これからの益々難しい時代の舵取りをしっかりとお願いしたいと思います。

 

さて、社内研修センター「トーケンアカデミー」は、8月31日に修了式が行われ、その後、新入社員の皆さんはそれぞれの現場に配属されて業務に励んでいます。若々しい新入社員の自信とやる気の姿を見て、「もっと早くこのようなアカデミーを開校していれば、若手社員の皆さんがどんなに心強く、安心して現場へ着任できたか」と早く決断できなかったことを反省いたします。また、新型コロナウイルス感染防止対策では、毎日気を緩めることなく、真剣に対応に取り組んでおります。幸いなことに、今のところ社員に感染者が出ていないことは、「皆さんが真剣に感染防止対策に協力していただいているおかげ」と心より感謝いたしております。まだまだ大変だと思います。これからも取り組みを継続してまいりますので、よろしくお願い申しあげておきます。もう一つの懸念は、12月5日(土)に予定している創立記念式典です。10月中旬には結論を出しますが、新型コロナの状況や世論も考慮し、かつ三密対策をしっかり行っての開催を予定しています。いまはコロナの終息を祈るばかりです。現在、開催のために加賀屋さんと協力して知恵を出し合い「安心の宴会」として“加賀屋・トーケン方式”を確立しようと協議を進めているところです。

 

最後に、まだまだ新型コロナウイルス問題は続きます。当社ではそれぞれの立場で対策を「ワガコト」としてとらえ、コロナに負けないで業務を全うしてまいります。健康で過ごせることを心より祈念して、私の想いをお伝えいたします。

 

                                                       代表取締役会長 根上 健正

 

▲ 岡田直樹内閣官房副長官ご再任おめでとうございます!

▲ 岡田直樹内閣官房副長官ご再任おめでとうございます!

※10月20日過ぎの北國新聞に広告掲載予定

※10月20日過ぎの北國新聞に広告掲載予定

 

 

故郷八尾の「おわら風の盆」

2020年9月10日

今年は、新型コロナ感染症の影響で、残念ながら「おわら風の盆」が中止となり、故郷八尾に生まれ育てられた私にとって、とても淋しく、なんとなく気が抜けたような思いとなりました。

毎年「風の盆」が近づくと、何かしら血が騒ぐというか、じっとしておれず、故郷への愛着がヒシヒシと湧いてまいります。私自身が「風の盆」を堪能することはもちろんですが、お客様をご案内しても本当に喜んでいただける「風の盆」は、故郷八尾に生まれたことを誇りと思える程、有難く、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私の生まれ育った今町の皆さんは、「今年の9月1日~9月3日は経験したことがないほど静かで、町全体で三味の音も立てないほど自粛している」とのことです。せめて稽古でもやって来年に備えたいという思いも、新型コロナ感染防止に協力しての我慢の毎日だったそうです。八尾の人達の厚い協調性と自制心に感心しました。よって、内緒で9月1日に実家へ行っても本当に何もないとのこと。「静かな八尾」と聞いて諦めました。

 

今は、「来年こそ今年の分も取り返すほど堪能したい」と願っています。

故郷八尾の皆様方には、新型コロナに負けず、ご健勝にて、来年が盛大に催されることを祈念して、会長室だよりといたします。

 

 

                                                  代表取締役会長 根上 健正

 

<20019年「風の盆」にて撮影>

★IMG_3370

SONY DSCSONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会長就任にあたり

2020年8月17日

関係各位の皆様には、日頃より大変にお世話になり誠にありがとうございます。

さて、去る7月27日に会長職に就任したことにより、社長コラムを卒業し、新たに「会長室だより~春風秋霜~」を開設いたしました。「春風秋霜」とは、江戸時代の儒学者 佐藤 一斎 先生の「言志四禄」の言葉ですが、私の座右の銘として大事にしてまいりました。「春の風のように温かい心で他人に接し、秋の霜の様に厳しい気持ちで自ら律する」の意味です。

 

私はこれまで社長として業務改革に挑戦し、先頭に立って努力してまいりました。 私の座右の銘である「春風秋霜」を私の事として胸にしまっておりましたが、 今回、新たに会長職の役割を担っていく中で、改めてこの本意を大事にして発信したいと考えました。”会長としての多くの役割がある”と思っている中の一つに、人材育成があります。 これからの厳しく難しい時代の中、 幹部職や各年代層それぞれの成長がトーケンの大きな課題となっていることを自覚し、人材育成に努力したいと思っています。 その心構えが「春風秋霜」であると考えた訳です。

 

今後、「会長室だより」を通じて、皆様方にも私の熱い思いを発信していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

                                                  代表取締役会長 根上 健正

ページ上部へ戻る