MENU

社員ブログ

やりがい

2015年2月25日

2015.02.25久保田私の現場は現在、鉄骨建方を行っています。今回の工事は建物が5棟あり、私自身一度の工事で5棟建てる事が初めてなのでとても良い経験になると思っています。

基礎工事の段階では建物が形として現れませんが、工事が進むにつれ、建物が形になっていくと完成が待ち遠しく思えてきます。しかし、工事を進めていくと問題も発生してきますが、多くの苦難を乗り越え建物が完成した時の達成感・喜びは忘れることができず、こんなにやりがいのある仕事はないと思います。 M.K.

年度末

2015年2月23日

2015.2.23木藤もう間もなく2月も終わろうとしてますね。この時期、多くの作業所では年度末の工期に向けての追い込み時期になっています。最近の建設事情などで人手不足が深刻な課題となっていますが、それは同業他社にしても同じ事だと思います。

 

当社では、今のところ自分の作業所も含めて大きな問題にもなっておらず、どの作業所も順調だと聞いています。それも工務部内の仲間での協力と情報力によるものだと思います。各作業所での現在の情報を互いに連携しあい、過密な状況になりうる予測を事前に把握し手配の調整を行う。どこの会社でも行っている手法だと思いますが、特に弊社工務部の連携プレイは素晴らしいと自負しております。

 

これから更に飛躍をしていかなければならないト-ケン。今後とも、より良い企業としていくためにも、自分のポジションを見つめ直して努力を惜しまぬよう頑張りたいと思います。 M.K.

とっても嬉しかった!

2015年2月18日

第16回 村井索道「社名看板」先月1月21日に「こまつまちなみ景観賞」の受賞作品が発表されました。

すでに、トーケンニュースにもご紹介してあります。 受賞の部門はちがいますが「ひかりっこ保育園」「村井索道」と二作品が選ばれました。

当社は過去にいくつかの作品が選ばれていますが、一度に二作品もの受賞は初めて!すごいです。

 

まずはお施主様、設計事務所様、そして工務部の皆さんに感謝!です。営業を担当する私としては本当に嬉しいことです。「とりたい・受賞したい」と思ってもノミネートされる作品がなかったらそれまで!

だからとっても嬉しいのです。

第16回 ひかりっこ保育園ノミネートは一般の方々からの推薦ですから、それだけ皆さんの目にとまった作品だったということになります。

お施主さんに、受賞のお祝いとお礼を伝えたところ、本当に喜んで頂きました。

これからもよい作品を皆さんに届けるためにも、仕事を頑張らなくては!

皆さんよろしくお願いいたします。 K.K.

 

 

協力に感謝

2015年2月16日

2015.02.16川東1私の携わっている仕事は、物件の見積り業務です。数々の見積もりを行うのに、本当にたくさんの協力業者さんに見積り協力を依頼し、期日通りにきちっと納めていただいて、本当にありがたく思っております。次から次といろいろな物件が出てきて、ついついメールでのお願いと、やり取りになっています事をご容赦ください。

そうした中でなるべく沢山の仕事が受注でき、そしてその仕事に協力していただいた業者さんが、たくさん参画出来るという、よい循環が廻っていければと思っています、これからもご協力を宜しくお願い致します。2015.2.16川東2

 

追伸:技術部、設計と積算、作業スペース模様替え致しました(前よりかなりゆったりしました) K.H.

感謝!!

2015年2月12日

2015.2.10 海老

先日、弊社施工のひかりっこ保育園が『小松市まちなみ景観賞』を受賞しました。

小松市まちなみ景観賞というのは、都市景観の向上と市民のまちづくりに対する意識の高揚を図ることを目的に、小松の自然、風土に調和し、優れた景観づくりに貢献している建築物なのを選びそれに携わった人たちを表彰しているものです。

 

ひかりっこ保育園の外観は

「本当に保育園!?」と感じるデザイン。

それに伴い施工的にも色々苦労した部分が多かったのです。

 

お客様より受賞の連絡を受けた時は、

“自信”と“やりがい”を与えてくれたように感じた瞬間でもあり、苦労が

報われた瞬間でもありました。苦労した現場でしたが、お客様を含め携

わった方全てに

「感謝!!」でした。

 

建物には、たくさんの人の手と思い、苦労が詰まっています。

これからも思いがつまった建物を作っていきたいです。Y.K.

モチベーション

2015年2月10日

OLYMPUS DIGITAL CAMERAまだ寒い日が続きそうですが、みなさん元気で頑張りましょう。

私は趣味でジョギングをしています。

きっかけは運動不足解消のためでしたが、走っているとストレスが溜らないし、頭がすっきりして、心のスイッチの切り替えがうまくいき、やる気が起きる。といった効果が自分にはあります。

あとなんといっても、ごはんがおいしい。

 

結果、士気が高まり、仕事でもよい能力が発揮でき『一石二鳥』の趣味です。今後とも継続していきたいと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさんどうでしょう。 ジョギングはじめてみては?

たのしいですよ。

今年は金沢マラソンも開催されるので、ますますモチベーションがあがります。H.K.

初心

2015年2月7日

最近とても不思議な気持ちになることがあります。

それは私が建築関係の仕事をしたいと思ったきっかけになる人が自分と同じ現場で働いているからです。

 

2015.2.7 表 写真1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人は大工さんです。

木材を加工したりする工場が私の家の近くにあり、私は小学生の頃、学校から帰るとその工場に足を運び、なにをやっているか、どうやって加工していくかを見て育ちました。

大工って面白いな、から、だんだんとものづくりをしたい、建築関係の仕事をしてみたいなと思うようになり今に至ります。

そして今の現場の前には、私が工場に足を運んでいた年齢と同じ子供達がいる小学校があります。

学校帰りの子供たちの声を聞くとそんな気持ちを持ち始める時期の自分を思い出します。

そういった環境でいること、その大工さんと一丸になってものづくりをやっていると思うと大変不思議な気持ちになります。

またトーケンで仕事をすることに何か「縁」を感じます。

今はまだ力不足ですが私が小学生のころのように「建築関係の仕事をしたい!」と子供達に思われるような現場監督になりたいなと思います。

そんな初心を思い出すような現場、今日も一日頑張ります! T.O.

現場の近況報告

2015年2月5日

Exif_JPEG_PICTURE

(屋根施工中)

皆さんお仕事疲れ様です。私の現場では、連日 雨、強風、雪と続く天候の中、1月28日から屋根工事を開始したのですが、この屋根葺き作業が厄介で、断熱マットを敷いた上にルーフを葺く作業工程なのですが、雨が降ると断熱マットが濡れてしまうし、風が吹くと飛ばされてしまい施工がなかなか進まない状況でした。自然が相手なものでどうにもならず、毎朝起きては空を見上げる日々が続きました。その作業もようやく2月2日で葺き終わり、ホットひと安心しています。今は、外壁工事を施工中です。これからも厳しい天気の日があると思いますが、完成に向けて気を引き締めていきたいと思います。S.O.

 

 

 

 

トーケンっておもしろい

2015年2月3日

RIMG0195入社して1カ月の、これが私の第一印象です。

全社員で開催される『胎動塾』に、本業の建設業の枠だけには収まらない『建設総合サービス業』への取り組み。

すべてが新鮮でおもしろい!そして何より一緒に働く仲間がみんなおもしろい!!

「忙しい」と言いながらも、みんなが入社したての私に声を掛けてくれ、助けようとしてくれる…。困ったことがあれば副社長や専務自らが助けに足を運んでくれる。

「忙しい」とその字のごとく心をなくしてしまいそうなものだが、誰も「心」を亡くしていない。その熱い「心」がおもしろい!!!

こうして温かく社員の一員として迎えて頂いたことに感謝し、1日も早く互いに助け合い、刺激し合える社員となれるよう、『強く、やさしく、おもしろい企業』創りに貢献していきます。 N.O.

新幹線が春を連れてやってくる

2015年1月30日

新幹線の開業を待つ金沢駅。

写真1

できた当初は「なんじゃ、こりゃ?!」でしたが、

日本で唯一「世界で最も美しい駅 14選」に選ばれた途端、評判は一転、今や金沢っ子の自慢となりました。

 

そして、駅の垂れ幕には。

写真2

「新幹線が春を連れてやってくる。」

この時期、ぴったりのキャッチコピーですね。

首都圏でも新幹線開通と北陸の名所を紹介するポスターをよく見かけます。

あまり知られていませんが、幕末期、金沢は江戸、大阪、京都に次ぐ都会でした。

ここまでの復権はないとしても、俄然、金沢の注目度が上がっていることに間違いはありません。

 

さて、当社は昨年12月、小松、金沢の二本社制とし、併せて金沢本社に環境事業部を開設しました。

新幹線開通による首都圏との距離短縮は、緑化システム「グリーンビズ」をより強力に発信する絶好の機会。

金沢発全国ブランドとして育て上げるべく、環境事業部挙げて頑張って参ります。

 

ところで・・・。

この「社員が主役」もいいけど、「緑化ブログ」はもっと面白いぞ!

「緑化ブログ」 はこちら      T.O.

 

 

 

ページ上部へ戻る