MENU

社員ブログ

試練が人を磨く

2016年4月11日

motto-1-l-280x280[1]みなさんは「座右の銘」をお持ちでしょうか?

「座右の銘」とは、自分の心に留めおいて、自分の励ましや戒めにする言葉のことをいいます。こういった言葉を何か一つ持っていれば、壁にぶつかったときに背中を押してくれると思います。

座右の銘を決めているという方もたくさんいらっしゃると思います。

先日、新聞取材を受けられた先輩女性社員の方のプロフィールの座右の銘として「学ぶ心さえあれば、万物すべてこれ我が師」と記されていました。

これは、昭和の代表的な実業家である松下幸之助氏の格言であり、ご存知の方も多いと思いますが、とても前向きになれる言葉だなあと敬服しました。

 

私はというと、来月から受講するセミナーの自己申告書に座右の銘を書かなければいけないことになりました。これまで座右の銘と言えるものはもっていませんでしたが、過去を振り返ってみると、迷った時や、落ち込んだ時、決断したり、自分を奮い立たせたり、落胆から立ち直ったりするときに、常に心に留め置いている『思い』や『考え』というのは私にもあったように思います。そこで、これを機会に「座右の銘」といえる言葉を持つことにし、次の言葉に決めました。

「試練が人を磨く」

何か困難な事態になったときは、チャンスが与えられていると捉え、これを乗り越えれば、自分が成長できると考えれば前向きに事に向かうことができる、そういった言葉だと思います。

自分の考えを表す言葉を探している中で、元巨人軍、元メジャリーガーである桑田真澄さんの手記のタイトルにもなっているこの言葉に出会いました。

大きな試練や困難な状況のことばかりをいうのではなく、今後の日常の中で、少し面倒なことやプレッシャーのかかること、難しいことなどにも積極的に取り組んでいくことが、自分のためになると信じて心を磨いていきたいと思います。

K.T.

新たなスタート

2016年4月7日

今日は、県内の入学式が多くとり行われて、多くの新入生が新たなスタートをきったとニュースでながれていました。

わが子も、入園・入学と新たなスタートをきるので成長が楽しみです。

 

2016.4.7杉谷-1石川県立中央病院建設工事に配属され、1年が過ぎようとしています。昨年の地下工事から順調に進み、4月1日より地上節の建方が開始され夏の上棟に向けて、作業所職員、作業員が一丸となりスタートをきりました。安全第一に、上棟、内外の仕上げに向けてしっかりと努めていきたいと思います。

 

当社においても、今年は100億円企業として成長するための様々な目標・方策が、社長より出されています。ひとつ一つを実現する過程であったり、達成が、会社を成長するため、社員ひとり一人が成長するための糧となることであると思います。社長は日頃より口すっぱくお話しされていますが、企業は人、人格陶冶、社員が主役。2016.4.7杉谷-2まさにこの信念を貫いていると思います。

自分も一トーケンの社員として、成長しなければいけない、成長するんだという気持ちになれます。今、配属されている石川県立中央病院建設工事が終わったときに、成長したと自身を持てるように完工へ向けて精進したいと、新たに決心できた2016年の春となりました。

 

鉄骨が開始され、日に日に新しい石川県立中央病院の形が見えます。近くを通られた際は、ご覧になってください。

石川県庁の展望室からも一望できますよ。  T.S.

 

 

お客様満足のために

2016年3月31日

2016.3.31佐野日増しに春めいてきてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私は今月に入り、株式会社東振精機様の第二工場増設工事に携わっています。

この現場は自社の設計・施工の物件であり、会社一丸となって毎日頑張っております。現場は自分を合わせ、7人体制で現場を進めている状況です。

後輩社員もいるので、自分が手本となれるよう頑張っております。しかし、自分自身もまだまだ学ぶことが多く、先輩社員に相談し、アドバイスを受けながら、日々勉強をしています。

この現場は規模や工期の面からも社内でも特に重要視されている現場であり、無事故無災害はもちろんのこと、お客様に満足してもらえる建物にしたいと思います。 T.S.

 

一人で悩まない

2016年3月28日

当社は新年度に入り約1ヶ月が経ちました。全社員が、会社そして部門方針の目標達成に向けて、日々真剣に業務に取り組んでいます。

当社では、いろいろな課題をオープンにして、全社で早期対策を実施、即解決を図っています。一つの当社の「強み」です。

 

私自身も、恥ずかしいことですが昨年来、家庭内において悩みをかかえています。

その影響を仕事には出すまいと自答しながらやっていましたが、どこかで家庭での悩みやストレスが、自分自身気づかない中で業務や各社員への言動にでていたのかと思います。それが、たしか昨年末でした。

ある上司から仕事や社員への接する行動・言動面等に対して注意、指導、叱咤(激励共)され、自然に、自分がわからない内に私事混同していたことに気付き、正直落ち込みました。

その日、たまたま実家にきた娘に相談したところ、「良かったね。お父さんにここまで言ってくれる人おらんよ。私もできるかぎりのこと応援するから、めげずに頑張って!」

我が子にそう言われたことが自分に恥ずかしい反面、本当に心強く思い嬉しかったです。今も、家庭内事情は良くなりつつもまだ不安定です。

でも、「一人で悩むな。皆の知恵が必ず解決となる」と社長は常々、社員に言ってくれています。そんな会社ですから、気にかけてくれる社員(仲間)がおります。もちろん、親族・友人・知人等相談相手は数々いてくれ、有難いことです。

 

2016.03.28坂本-1

会社近くの芦城公園

2016.03.28坂本-2

3月26日現在の桜はまだつぼみです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、お花見の時期ですね。

桜花は、人を癒し明るくさせてくれますがあっという間に散り、それが年々のサイクルです。

人間も同じで楽しく嬉しいことがあったり、悩んで落ち込むという繰り返しの人生です。しかし、桜と違うのは一定のサイクルでなくその繰り返しは短期間や長期間という不定期的であるということです。でも、人は悩み落ち込んだ時、そこに必ず助けてくれ、力になってくれる人がいます。

今後のことは未知でありますが「喜怒哀楽」の繰り返しを糧にこれからの貴重な人生を自分自身が真の心の強い人間になるよう、何事もプラス思考で助け合いと感謝の気持ちを重んじ、頑張っていきたいと思います。  Y.S.

 

CIMG0644

昨年の満開の桜

CIMG0648

今年も来週末には咲きはじめ                4月5日頃には満開に・・・

 

 

 

 

これから先のこと

2016年3月24日

先日、部内の打ち合わせで、今までの仕事、これからの仕事について皆で話し合う機会がありました。

皆の仕事内容を確認し、今まで自分が取り組んできた仕事の中で出来ていたこと、出来ていないこと、これから改善していかなければいけないこと、色々なことを認識できたと思います。

しかし認識したことで満足せず、意識改革をしながら、これから認識したことに対してどのように取り組んでいくかを考え、実行に移していきたいです。

 

2016.3.24四十万話はがらりと変わり…

都電荒川線のメンテナンスを行った際、カタバミの黄色の花が咲いていました。(オオキバナカタバミでしょうか)

屋上緑化で使用しているセダムの知識だけでなく、いろいろな植物についても知識を持って、屋上緑化等に生かしていければ、と思っています。

普段から植物を見る目を養うため日々精進です。

Y.S.

 

もう一度足元を見つめ直そう

2016年3月22日

2016.3.22小清水少しずつ春の兆しが見えて来ました。やっと春らしくというのが実感です。先日(14日)箱根で積雪19㎝と、また今までとは違う気候になっており、日本の四季はどうなってしまうのか、地球温暖化の影響か。

今後、一人ひとりが真剣に取り組んでいかなければ大変な事になります。

 

話は変わりますが、シャープが香港企業ホンハイに買収される、また東芝が不適切会計と業績悪化で大変な話題となっていました。

今まで日本の成長の証であった家電製品すべてが海外(中国・韓国)の企業にシェアを奪われ、散々なる結果となっています。

皆さん、5~10年前にこの惨状は想像できたでしょうか?暗澹としてやってきた結果がこうなのか。パナソニック、ソニーを含め、今後どう立て直すのか。世の中の変化のスピードについていけず、現状に満足していた結果なのかもしれません。

“変化を恐れず未来に向かう”

今、当社も色々な事に挑戦しています。変化に向かっていっています。

先日も新聞に女性広報営業の記事が掲載されました。当社の元気さが更にアピールできました。女性ながら、全く面識のない人や場所に営業に行く。本当に大変な事であり、頭が下がります。

 

とにかく世の中の変化のスピードが速い。

それに対し的確に常に5年先を見つめ行動(考動)することが必要です。

今一番注目されている会社として、社員全員がもう一度足元をしっかりと見つめ直す必要があると思います。

更には、もっと強くて、もっとやさしくて、もっともっとおもしろい会社に。

皆様と共に励んでいきたいと思います。

 

会社ではインフルエンザが流行っています。どうか皆様におきましても風邪や季節の変わり目の健康管理には充分お気を付けください。    M.K.

春彼岸入りの日に・・・。~ 論語知らずの論語読み ~

2016年3月17日

《画像》ぼたもち今日、3月17日は春彼岸の入り。

彼岸(ひがん)とは、現世を意味する此岸(しがん)に対して、

迷いや煩悩を解脱(げだつ)し、悟りに至ったあの世の世界。

中日(3/20‐春分の日)は、彼岸と此岸が近くなる日とされます。

暑いも 寒いも 彼岸切り。

そして、万物が明るく躍動する季節を迎えます。

花も、鳥も、風も、月も、ともに軽やかに・・・。

 

さて今年、我が社㈱トーケンは創立46周年を迎えます。

かの創立は四十にして惑わず

爾来(じらい)6年間は、「新たな変化と挑戦」を求めて歩み続けてきた、と思います。

激浪が天の星を呑むような時代の変化に対して凛然たる志気を培い、地域社会に密着し、そこに不可欠な人材・担い手を養うことを使命として、「新たな変化と挑戦」と共に新しい未来を描きます。

迎える創立は五十にして天命を知る

「天命」とは生涯で、やらねばならない使命、これしかできない宿命、の二つの意味があるようです。

命(めい)を知らざれば 以って君子たること無きなり

我が社の企業理念は、あくまでも「未来への胎動」。

星霜は移り、人は去ろうとも、変革の機運は絶え間なく胎動します。

 

《写真》偕老同穴

偕老同穴

はてさて、私、十有五にして学を志して既に45年、未だ立たず。

さりとて馬齢は重ねて、今年、還暦を迎えます。

「還暦は生まれ変わりのようなもの。」と申します。

人生の第二のスタートは、

「60歳からの人生も、結構、楽しいかも。」

というワクワク感だけは持ちたい、と思います。

 

そして、その・・・。

還暦を迎える身なれば、せめてもこの際、ここまで支えてくれた

家内には感謝。(合掌)

偕老同穴の契りの心を新たにしたい、と思う今日この頃です。  M.K.

日々精進

2016年3月15日

Exif_JPEG_PICTURE私も今年でトーケンに入社し7年目になります。

しかし、まだまだ学ぶことは多くあります。

現場を進めていくうえでの、施工方法や進め方、納まりについて分からないことが多々あります。今回の現場も、施工方法や納まりについて分からないことがありましたが、先輩方に相談しながら進めていき、細かい納まりについても教わりながら、完成することが出来ました。

今まで多くの現場を経験してきましたが、考え方は人によって様々です。その中で多くの人から学んできたことを今後の現場でも活かしていけるように頑張ります。  M.K.

春が来る!

2016年3月10日

2016.03.10源田ー2

壁面コケ緑化メンテナンス

もうじき春が来る!

春と言えばみなさんは何を思い浮かべますか?

新年度の始まり、新学期、入社式や入学式、桜、花見、春一番…

色々あると思います。

人も元気に、植物も元気に活発になる春です。

 

そして私の春は… ズバリ!メンテナンスの春です!!!

春は屋上緑化、壁面緑化の維持管理メンテナンスの大事な時期になります。

巡回点検や手入れで非常に忙しくなりますが、お客様にご満足いただける品質を保てるように、お客様の「緑はいいね」の声が聞けるように、年間の維持管理メンテナンスを通してお客様とのコミュニケーショ2016.03.10源田ンを密にし、今年も精一杯頑張りたいと思います。

T.G.

 

 

 

屋上・壁面緑化、維持管理メンテナンスの事が知りたい方はこちらをクリック!

→ 屋上緑化・壁面緑化のトーケン・グリーンビズ-G

初心を忘れず自己研鑚

2016年3月7日

昨年3月に入社してからちょうど1年が経ちました。

入社後、保水セラミックスパネルを用いた独自の緑化システム(屋上緑化・壁面緑化)を扱う環境事業部の営業を経て、現在は金沢営業本部広報営業担当として弊社を少しでも知っていただけるようPR活動をしています。

日々やりがいや楽しさを感じる反面、今の仕事を通して「お客様に伝える事」の難しさを実感しています。まずは受け入れていただけるよう身だしなみや立ち方、声の大きさや滑舌、声のトーンなどに加え、顔の表情、身振り手振りなども心がけています。お客様の立場になって、その時々の状況や説明内容に合わせるよう頭では理解していても、再確認するといろいろな気付きや反省があります。

入社1年、初心を忘れずに自己研鑚に努め、コミュニケーションの重要性を再認識してお客様との信頼関係を築いていきたいと思います。同時に、社内外・家族・友人ともしっかりコミュニケーションを深め、日常の生活の中でも信頼関係を大切にして充実した日々を送りたいです。

 

2016.03.07木下プライベートでは、趣味の釣りで「サクラマス」の季節が来ました。

普段は海釣りばかりですが、今年は初挑戦で福井県九頭竜川の入漁券を購入しました。サクラマスは見た目も味も素晴らしい、幻の高級魚。釣ったばかりのサクラマスは光の加減でうっすらピンクがかり、魔性の美しさと聞きました。新たな挑戦ですが美しい魚体に出会えるよう努力して、「サクラ」咲かせたいです。 R.K.

 

 

 

追伸:

先日、都電荒川線の緑化検証実験協力企業としてトーケンが選ばれ、検証実験を開始しました。元環境事業部として、とても嬉しい気持ちです。都内の方は、機会がございましたら足を延ばしていただけましたら幸いです。

 

都電荒川線の軌道敷きにおける緑化検証実験

~検証実験を開始~(東京都交通局HP)

http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/toden/2016/tdn_p_201603035662_h.html

ページ上部へ戻る