社員ブログ

doではなくbe

2016年2月12日

2016.02.12岡本-1先日、大学生の娘から「大事なのはdoではなくbeだよね」と友達から言われ、自分もそう思ったということを聞かされました。実は、私も以前、この言葉に共感した覚えがあったので、このことで娘としばらく会話をしたのですが、そこでの結論としては、「今、やりたいこと、すべきことは勿論大切だけど、自分がどうあるべきかが一番大事」ということ、また、「自分がどうありたいかということがしっかりしていれば、自ずとやるべきことが見えてくる」ということでした。(こんなシリアスな会話はめったにしませんが…)

 

そういえば、この間、コンサートを聴きに行って思ったこと。

約300年前のバロック音楽が中心で、私の大好きなプログラムでしたが、少しも古びた感じがなく、心地よく、本当にリフレッシュできる響きだなあと。音楽の根源的な目的や在り方からいえば、聴衆にそのような心地よさを届けることがbeだとすれば、それを実現するための昔と今のdoの違いを考えました。例えば、調律の仕方が全く違います。純粋な響きを大事にするバロック期の純正律と機能性を重視した現代の平均律(これを説明すると長くなるので割愛します)。バロック期の調律は、転調に不向きで機能性に欠ける面があっても、本当に純粋で美しい響きを楽しむことができますが、現代の調律(平均律:1オクターブを12等分)方法は、多少、和音が濁っても、あらゆる調の音楽に対応できるようになり、音楽の表現の幅が格段に広がりました。

2016.02.12岡本-2

 

これらを会社に置き換えるとどのようになるでしょう。

私たちの会社のbeは明確で企業理念と言えると思います。そしてこれを深く掘り下げた綱領と、さらにこれを基にdoを示した経営信条につながっていると思うのです。

とにかく、不易流行、絶対必要な事柄やあるべき姿がぶれることなく(be)、その時代の環境の変化には柔軟に対応していくこと(do)が重要と言うことでしょうか。  H.O

 

学び 吸収し 成長する

2016年2月8日

2016.02.08 表

2月3日(水)の建設工業新聞に「トーケンが設計・施工 東振精機粟生第2工場増設」との見出しで記事が掲載されました。他紙でも取り上げられており、ホームページ内のトーケンニュースでもご紹介しておりますので、ぜひご覧いただきたいと思います。

 

今回の記事で紹介されたような大きなプロジェクトに携わっていくことは、新人である自分にとって、大切な教科書になると思っています。

同じ建物というのは存在しません。建物ひとつ一つが唯一無二の存在です。人間と同じように建物にもそれぞれに個性があり、それぞれに生きた課題があると思います。生きた課題というのは、たとえ同じ用途の建物やつくり方をしていても、その個性がゆえに、常に同じ考え方や対処の仕方が通用するわけではないということです。

当社には、どんなことにも対応できるノウハウと体制が整っています。

全社一丸となってこの生きた課題にどうやって対応していくのかを経験し、学んでいくことが、自分にとってとても大切なことと捉え、しっかり吸収していきたいです。

 

新年を迎え早一ヶ月がたちました。去年のことが昨日のように感じ、本当に日がたつのは早いなと感じます。

今の自分は、そんな過ぎていく日々の中で、技術的なことだけでなく、社会人・人間的にもたくさんの事をいろんな人から学び、吸収、成長していかなければいけません。

やるべきこと、見つめ直すこと、成長するべきこと等々いろいろなことに気づくことができる環境に、日々感謝です。

T.O.

体調管理

2016年2月4日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA毎日寒い中、皆さんお仕事ご苦労様です。

私は先日から風邪をひき少しだけ体調を崩しています。

それでも現場の進捗は待ってはくれません。日々変化しています。

毎日モチベーションを保とうと努力していますが、最近はケアレスミスが多く集中力がきれかけています。そんな時には、周りのスタッフに助けて頂いています。

ですが、体調管理は自己の責任です。振り返って考えてみると、睡眠不足や食事の偏りといった体調を崩す要素ばかりが想い浮かびます。そういった状況では、体調を崩しても仕方がないと反省しています。

体調管理に気を配れれば、現在の業務でのケアレスミスも少なくなりいい仕事ができると思いますし、日々の変化にも挑戦できるモチ

ベーションが保てると痛感しています。

みなさまも 体調管理には 気を付けて…。  S.O.

 

「座・白拍子」を通して

2016年2月1日

2016.02.01岡田1私の町内では、毎年9月に町おこし行事として、町の集会場前に設けられたステージで「座・白拍子」と題し、舞や太極拳・太鼓等が披露されます。

この行事のメインは、何と言っても女子中学生2名による白拍子の舞です。

白拍子の舞とは、美貌と美声と美しい舞のできる白拍子であった仏御前が、16歳のとき清盛の前で舞った舞のことで、私の町内では女子中学生が舞えるよう少しアレンジをして舞います。水干(すいかん)、袴(はかま)、烏帽子(えぼし)を身に着けての舞は、とっても、幻想的な雰囲気を作り出します。

すべての運営は、町内の文化財保存会が行い、私もスタッフの一員として活動しています。早いもので、白拍子の舞は発足から33年目を迎え、その間、いろいろな場所で舞う機会を頂きました。また、活動を通してたくさんの人たちと出遭うことも出来ました。なにより、町内スタッフとして、舞台裏での準備やリハーサルなどに立ち会うなど、貴重な経験もできました。

 

2016.02.01岡田2 その時々で参加する催し物の数は違い、屋外の時は天候で左右されることも多く、それでも決められた時間の中で行わなければなりません。

どんな状況の中でも適切な指導に従い、テキパキと行動される関係者のお陰で、時間通りに終了することが出来ます。

 

一つの事を成功させるためには、それぞれの担当役割を明確にさせ責任をもたせる、そして、お互いの立場を理解し協力し合うこと。

 

常にこの気持ちを忘れずに、これからもスタッフの一員として活動し、少しでも多くの人に見ていただけるよう、白拍子の舞をPRしていきたいと思っています。

ぜひ一度見に来てください。 M.O.

子どもに誇れる仕事

2016年1月28日

2016.01.28大谷1私には、今年5歳になる息子がいます。

現場監督という仕事柄、帰りが遅くなることがあり、子どもと遊んであげる時間が少なくなることがあります。

しかし、そんな子どもが先日『お父さんとお相撲する』と言って、眠たいのに寝ないで待っていました。

子どもから直接『お父さん大好き』なんて言われたことはないし、そんなに子どもから慕われているとは思っていなかったのですが、妻が子どもに、『どうしてそんなにお相撲がしたいの』と聞いてみると『お父さんは強いから自慢なんだ』と言ってたそうです。

幼稚園の帰り道、建設現場を通ると働いている人たちに、『僕のお父さんは現場監督なんです。すごいでしょ』と説明しているそうで、幼稚園のお友達にも『僕のお父さんは現場監督でおっきい建物をいっぱい作ってて、お相撲も強いんだよ』2016.01.28大谷2と自慢しているそうです。

子どもが自分のことをそういう目で見ていてくれたことに感動すると共に、この仕事が、子どもにとって誇れる仕事だと再認識しました。

 

現在、私は保育園を建設しています。子どもが感動して目を輝かせるような、そんな保育園を完成させ、いつまでも子どもの自慢のお父さんでありたいと思います。  N.O

節目の年に寄せて

2016年1月25日

2016.01.25大蔵私事で恐縮ですが、今年還暦を迎えます。

ひとつひとつの節目を積み上げながらこの年となったわけですから、せっかくの機会、これまでの節目を世の中の出来事で振り返ってみました。

 

  • 1956年(昭和31年)誕生

日本が国際連合に加盟。太平洋戦争終戦以降、名実ともに国際社会への復帰を果たす。経済白書の副題「もはや戦後ではない」が流行語に。「戦争を知らない子供たち」世代として誕生。

  • 1963年(昭和38年)小学1年生 7歳

日米初のテレビ衛星中継始まる。最初の中継が皮肉にもケネディ大統領暗殺。またこの年、北陸地方を中心に大雪被害(三八豪雪)。自宅1階は完全に雪の下、家への出入りは2階から。子供心にただうれしく、犬といっしょに庭駆け回る。

  • 1968年(昭和43年)中学1年生 12歳

日本のGNPが米に次ぐ世界第2位となる。また、日本初の超高層建築「霞が関ビル」完成。地上36階147m。昨年、ビルの谷間で霞が関ビルを発見。かつてのランドマークも今では普通の高いビル。3億円強奪事件(当時の3億円は庶民にとって天文学的な数字)もこの年の出来事。

  • 1972年(昭和47年)高校1年 16歳

田中角栄首相訪中、日中国交回復となる。連合赤軍による「あさま山荘事件」もこの年。また、札幌五輪開催される。日の丸飛行隊(70m級ジャンプで金銀銅独占)に歓喜し、フィギュアの妖精ジャネット・リンに釘づけ、名解説「尻もちも演技のうち」に共感。

  • 1974年(昭和49年)大学1年 18歳

第4次中東戦争により原油価格が高騰(第一次オイルショック)。消費者物価指数が23%上昇。「狂乱物価」という造語も。また、セブンイレブンが東京豊洲に第1号店をオープン。当時の開店時間は午前7時から午後11時、「早朝、深夜に買い物する人いるの?」が第一印象。

  • 1979年(昭和54年)社会人1年生 23歳

イラン革命の影響で再びオイルショック(第二次)。世界同時不況の進行。国内では不況による未曾有の就職難、「金の卵」も昔の話に。この年、滑り込みセーフで地元商社に就職、晴れて社会人一年生となる。また、この年から国公立大学共通一次試験始まる。その後、センター試験に移行するが、白状すると、いまだにその仕組みを理解していない。

  • 1996年(平成8年)トーケンへ転職 40歳

小選挙区制による初めての衆院選、病原性大腸菌O157による食中毒が全国で発生、など。また、アトランタ五輪開催。マラソン有森裕子、2大会連続のメダル(銅)に「初めて自分で自分をほめてあげたい」。

 

さて、還暦というと元々は長寿を祝う年だとか。まだまだ現役、長生きをしたという実感はありませんが、これからの時間を例えて表現するなら、「金の砂時計」。一日一日を大切に、何事においても充実した時間を送りたいと思います。  T.O.

川上の仕事

2016年1月21日

2016.01.22 大石年も明け、早一か月が経とうとしています。

私は設計の業務をさせて頂いているのですが、昨年より設計・施工の案件が少しずつ増えている状況です。

一昨年までは設計の仕事の考え方や進め方を自分なりに模索してやってきましたが、昨年より設計にも技師長を招き日々設計の在り方や仕事の進め方について教えて頂いています。

 

設計という仕事は、当社のようなゼネコンの場合、営業担当者の次にお客様と打合せをして業務を進めてゆきます。

提案案件などは特にこの打合せで如何にお施主様の要望を引き出し、ニーズに合った建物を設計出来るかどうかによって案件の可否が決まります。

設計は川上の仕事であり、お客様のニーズをしっかりと掴めるか、また当社として仕事を頂けたときに設計から施工へとお客様の思いを如何に形に出来るかによって、お客さんの満足のいく建物を造る事が出来るのだと思います。

これを怠るとお客様に不満が残り、川下の時点では不満を救い上げる事が出来ない状況になりかねません。

だからこそ、川上からしっかりと業務を整理し、お客様の思いに立って設計の仕事を行い、お客様の満足を得られる良い建物を設計して行きたいと思います。   K.O.

 

個々の力

2016年1月18日

2016.01.18 岩橋t先日、自家用車の一年点検のため某ディーラーへ車を持ち込んだところ、長年乗っているせいかあちこち部品交換が必要となり一泊の入院。お店では新車購入の商談をしている方の横で、小さな修理費用の交渉をする私…。バタバタな車でちょっと肩身の狭い私に対し、受付の方は「長年大切に使って頂いてありがとうございます。」と。そー来たか!正直感心しました。サービスの方は構造や部品名がよくわからない私に丁寧に説明してくれて、安い部品を探してくれるという。担当以外の方も笑顔で会釈。面倒な客なはずなのにここのスタッフはとても親切で当たりが良い。社員教育がしっかり成されているのか、社風が良く各々が自然と出来ているのか、数人の対応で事業所全体にとても良い印象を受けました。そして全員営業とはこういう事をいうのかと感じました。

 

弊社においても、新築・増築、修繕・アフター等、様々なご用命のお客様がいらっしゃって、様々な部署の者が対応します。金額や規模は関係ありません。求められているものに対し社員一人一人が最善を尽くす。直接ではなくても、いずれ何かの形できっと会社のプラスになって帰ってくるはずです。

私は業務上直接お客様にお会いする事が少ないですが、目の前に相手がいなくてもその書類の先にお客様がいると思い、ひとつひとつ丁寧に様々な状況を考えながら、お客様にとって最善の仕事を仕上げる思いで取り組んで行きたいです。また、もっといろんな事を吸収して深みのある人財になりたい!と思いました。

社員みんなで会社をつくっている!そうして行かなければいけない!という意識と責任を個々が持って進めば、我が社の明るい未来に繋がると確信して。   T.I.

 

10年後を見据えて

2016年1月14日

2016.1.14上田新しい年を迎え早や2週間が過ぎました。気持ちも一新して、元旦のような光輝く太陽のように、今年も突き進みたいと思います。

ただ、自分だけが思っているのではなく、一緒に汗流す後輩職員、各現場作業所にいるたくさんの人の気持ちが一つにならなければいけません。一つのプロジェクトを完工するためには、個々のレベルは違っても協力し、個々の役割をやり遂げる必要があります。

日々勉強し、体験し、失敗し、改善していくことでレベルアップにつながり、それが自ずと顧客満足の向上につながります。

(個人のレベルアップ=建物のレベルアップ)

 

今、2番手・3番手で頑張っている後輩達が、追い付け追い越せで切磋琢磨し、現場所長となって、前線で陣頭指揮を振るう日ももうしばらくだと期待しています。

それまで指導・教育し、10年後には若いプロ集団となっていることでしょう。

責任重大ではありますが....(笑)  T.U.

日本百名城巡り

2016年1月12日

14521351721181452135177355新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

この間、大学時代の先輩が石川に遊びにきてくれました。「石川に来て、何をしたい?」と尋ねたら、「金沢城に行きたい!」と言われました。先輩は、「日本百名城」めぐり(スタンプラリー)をしているそうです。

ということで、金沢城と丸岡城に行ってきました。日本百名城に選定されたお城には、百名城専用のスタンプがあり、日本城郭協会から出版された専用のスタンプ帳に押していくのが、とても楽しそうでコレクター心をくすぐられました・・・

他の観光客でも持っている方がいて、「どのお城が良かった」「ここまで集めた」と話しているのも、良いな~と眺めていました。

 

うちの両親は昨年定年退職し、今は時間に余裕があります。両親に「百名城ガイドブック&スタンプ帳」をプレゼントして、旅行のきっかけにする1452135162714のも良いかな、と考えております。そして、日本のマチュピチュと名高い竹田城に行くときには、一緒について行こうと思います!   M.I.

ページ上部へ戻る