MENU

社員ブログ「みんなが主役」

皇居の佇まい・・・

2018年12月3日

季節は移り、はや師走の声を聞くことになりました。

さて先日、少しずつ季節のかげろひを感じる秋の一日、博物館巡りを目的に東京に。

東京に対して、特に食に対しては鬱勃たる対抗心がある(らしい)大阪生まれの家内を

連れ出そうと、「金沢から北陸新幹線で、江戸前の天麩羅でもいかが?」と誘うと・・。

そこで、夫婦揃って一泊の上京と相成りました。

ひとしきり当初の目的を終えた後、「これは是非、参内しなければ。」と、我ら熟議も

ソコソコに一般公開されていた皇居参観に参りました。

 

大手町駅から、砂利の敷かれた皇居前広場に向かい、身分証明を提示して先ず待機。

桔梗門から入り旧枢密院を横に見て、お休み所で簡単な申込み、持参のかばんの中の所持品

検査及びボディチェックまた待機、整列、約2km・1時間ほどの周遊開始です。

 

参観者は日本人もさることながら、ヨーロッパ系・アジア系等の外国の方が思いのほか多いと思っていたところ、実際、昨年2017統計では参観者11万2千人のうち5万4千人、約半数が外国人らしく、訪日観光客の新たな観光名所になっているようです。

此方・彼方で、一様にガイドブック「The Imperial Palace」を手にしています。

1

【江戸城の天守閣代行・富士見櫓】

2

【宮殿東庭】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士見櫓→ 蓮池堀→ 宮内庁庁舎→ 宮殿東庭→ 宮殿→ 正門鉄橋(二重橋上)

など当然、限られた周遊コースですが、古き武蔵野の面影と「宮殿」という響きに見合った

厳かさを感じることできます。

そして皇居は樹々が鬱蒼とし、後知識で恐縮ですが夏季は隣の竹橋の気象庁より約2℃

も低いという観測があります。

皇居の森で冷やされた大気は近くの日比谷、銀座などに流れて都心のヒートアイランド

現象の緩和になっているそうです。

天然の緑は癒しの効果があるといわれ、東京都心のオアシスとして皇居の森はその存在感

を示しており、その効果から一考すると弊社トーケンで植物・環境を扱う我が部門事業は

自然再生化の事業活動であり、社会環境貢献の一端を担う事業であることを実感しました。  M.K.

 

以下は、因みに、です。

3

【皇居前広場から、二重橋を臨む】

4

【二重橋から、皇居前広場を臨む】

 

 

 

 

      

バックナンバー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る