建築総合サービス業 株式会社トーケン

社員ブログ

上期を振り返り

2020年9月28日

2020.09.28西出9月より当社の下期がスタートしています。先日、下期実施方針発表会が行われました。上期の計画が実際に計画通りに実行し、成果が出たことや上手くいかなかったことに対しての問題点や反省を行い、その対策や新規計画など部内で検討し、目標達成に向けて一丸となって営業活動に取り組まなければいけないと強く感じました。

 

私自身は、上期の案件で地権者交渉から契約交渉、また施主様の建築・設計担当者の工事中のフォローにより実際に多くの経験をさせてもらい、さらには丁寧に対応したこともあり、良い評価をいただき信頼関係を築くことができました。このように自身の仕事に対して評価していただけると非常にやりがいを感じ、これからの仕事に取り組む意欲が湧き、前向きになります。

 

このことに満足することなく、何事にも自発的に挑戦し会社や地域に貢献できる営業マンとして邁進していきたいです。 M.N.

充実

2020年9月24日

2020.09.24 田中皆様いかがお過ごしでしょうか。季節は夏から秋へと変わり、過ごしやすい日々になってまいりました。秋といえば「食欲の秋」「読書の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」「行楽の秋」など、皆様は何を思い浮かべるでしょうか。新型コロナウイルスの第2波もあり、今年の夏は思うように過ごせない方も多かったと思います。少しずつ収まりつつありますが、まだまだ身近に潜んでいます。日頃の感染予防対策は必須であります。

 

そんな中、私が入社してもうすぐ半年が経とうとしています。5か月間の研修を終え、9月から現場配属となりました。現場で送る日々はとても新鮮です。毎日変わる現場の状況についていくことに必死で、気づけば1日が終わっている、そんな毎日です。そんな中でも自分の仕事が形に残ると思うと楽しくて仕方がありません。現場の先輩方は優しく指導して下さり、職人さんたちも気さくに話しかけてくれます。現場管理という仕事にやりがいと楽しさを感じており、充実した日々を送れていると思います。

 

以前研修の際に「休日を充実させることが仕事をさらに充実させる。」という話を聞きました。新型コロナウイルスの影響で休日があっても思うようにやりたいことができないため、ダラダラと1日を過ごしてしまうことも少なくありません。しかし、どれだけ嘆いていてもコロナはなくなりません。いかにしてこの状況下で楽しむことができるかを考え、休日を充実させることで、さらに充実した日々を過ごしていけるのではないかと思いました。

 

新型コロナウイルスの影響で毎日働けない人もいる中で、入社してから毎日出社できる環境は幸せなことだと感じています。これからも公私共に充実した日々を過ごせるよう、精進していきたいと思います。 S.T.

「心を通わせる」ということ

2020年9月17日

2020.09.17 中村先日、昼食時に後輩社員といろいろな会話をした後に、「コミュニケーション」について思いを新たにしました。

 

以前ブログで、「コミュニケーション」の在り方について、キリンビールの社長が話されていた失敗談をご紹介したことがあります。

話の内容は割愛しますが、「コミュニケーションとは100%受け手に権利がある」という結論の話です。

 

相手に自分の言いたい事だけをいくら主張しても一方通行であり、相手の心を打ち、伝わるものは何一つありません。

私達も日頃から意識している「コミュニケ―ション」ですが、これまでのように人と相対することが難しい昨今、

さまざまな方法を駆使してニーズや声を感じ取らなくてはなりません。

相手の状況や気持ちを推し量り、相手の言葉や思いを徹底的に聞くことが必要です。

 

人の感覚とはとても鋭いものです。

会話での言葉遣いはもちろんですが、直接言葉を交わさなくてもメールの文章、郵便の宛名書き、提案資料、

また社内書類などからも相手の真剣さや、情熱は伝わります。悪いほうで言えば軽薄さも伝わります。

「コミュニケーション」は単なる言葉のやり取りではなく、心を通わせ、そこから何かを感じ取れるものでなければなりません。

事柄に真剣に向き合い、きちんとした心のやり取りが出来てこそ、信頼関係が築けるのだと改めて思います。

 

お客様へはもちろん、取引先様や社内でもこうした心持ちで様々なことを感じ取り、建設的な行動につなげられるよう努めていきたいと思います。 K.N.

為せば成る、為さねば成らぬ何事も

2020年9月14日

2020.09.14 永松※教室新型コロナウィルスの第二波も後半になっているかのように思えます。

 

そんな中で小学校の大規模改修工事を施工しました。工事の工期は 基本的に夏休み、一部事前着工可(事前施工部分指定)となっていました。

着工時に、緊急事態宣言がでて 学校は5月中から休校決定。いつ終息するかわからないが、このままいけば授業日数不足のため夏休み期間短縮(半分)の可能性大。この状況をどう判断して実行に移すか悩みました。

 

学校とすれば『明後日から休校になるし すぐしてくれないか?』

いきなり言われても…と思いましたが、状況からみると確かにそうだし、出来ない理由はこっちにあり、“全体を見直す必要がある”と確信しました。

 

学校と互いにゆずれるところ、ゆずれないところを詳細に打合せし、今後夏休みの日程がどう転ぶかわからない中、なんとか目標(工程)を設定しました。

結果、夏休みは実質10日間ほど短くなりましたが、始業式前日に先生方全員で備品復旧をしてくださったおかげで、無事始業式を迎えることができました。

始業式後、最後の打合せで校長先生が『コロナの関係もあり大変でしたが、無事始業式を迎えることができ、ありがとうございました。』と立って挨拶してくださいました。

 

 

見直し工程に多少修正点はあったものの、作業員、学校、関係者全員が、現状認識、ベクトルを合わせることができれば、難題もなんとかなると改めて実感しました。 Y.N.

第51期 上期を終えて

2020年9月10日

2020.09.10 長原今年も早いもので9月となりました。

一雨ごとに涼しくなり秋の訪れを感じられる季節ですが、残暑厳しく9月3日には輪島で38.6度が観測されています。

地球環境の問題は何年も前から取り上げられていますが、極端な気象現象が発生する現状は建設業を営む者として無視できない問題です。

と、先日コンビニエンスストアでレジ袋代3円支払った自分に言ってやりたいと思います。

 

弊社は毎年2月が決算月となっており、8月末迄で半期が過ぎたことになります。

上半期を振り返ってみますと、やはりコロナウイルス一色であったように思います。

全国的には建設現場での感染も発生していることを受け、弊社でも大変注意を払いながら日々工事を行っております。

 

 

また、お客様との打ち合わせをリモートで行うことが多くなりました。

特に遠方のお客様と簡単に顔を合わせることが出来るのは、感染予防に関係なく便利であると感じております。

他にもインターネット上でのサービスを充実できるように現在取り組んでおります。

 

 

コロナウイルスをきっかけに生活様式が変わり、働き方も見直されるようになりました。

レジ袋有料化の目的は、直接的にプラスチックごみを減らす事もありますが、ライフスタイルを見直すきっかけとする為とも言われております。

あらゆる面で激しい変化の時代となっており、改めて仕事や生活において定期的に見直し改善していくことが重要になってきているように感じています。

このような時代であるからこそ、地域のお役立ち企業として何ができるのかを考え、

弊社の企業理念「未来への胎動」にもある通り、変化を恐れず未来へ向かって胎動する、の精神で下期も業務に取り組んでいきたいと思います。 N.H.

秋に向けて

2020年9月7日

360°パノラマ写真を掲載しています

360°パノラマ写真を掲載しています

9月に入り、令和2年もあっという間に3分の2が過ぎました。

新型コロナウイルスの拡大により、イベント等は軒並み中止に。なかなか季節を感じられる機会が少ない夏となりました。

これから迎える秋は、本来ならば旅行やお出かけにぴったりの過ごしやすく美しい季節でありますが、残念ながら今年はもう少し我慢の日々が続きそうです。

 

 

さて、私が担当する賃貸管理部での秋といえば、転勤によるお部屋探しが増える時期です。

今年は例年に比べ、春の異動は少なかったですが、この秋はどうなるのでしょうか。

トーケンリンクのHPでは、360°パノラマ写真を掲載しており、現地に行かずともスマホで簡単にお部屋の様子をご覧いただけるようになっています。

写真とは違い、自由にカメラを動かし、気になる部分をアップにすることが可能です。

遠方の方や、忙しくて内見のお時間が取れない方にも隅々までお部屋を確認して頂けます。

なかなか気軽な外出も難しい昨今、ぜひたくさんの人にご利用頂きたいと思います。N.D.

 

 

トーケンリンクホームページはこちら→ https://www.token-kanazawa.jp/

2023年春開業

2020年9月3日

まだまだ残暑厳しい季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。

連日、コロナウイルスについて騒がれていますが、コロナ以上に熱中症による死者や重症化のリスクが高い状況です。

特に現場では、コロナ対策はもちろんのこと、暑い中でもマスクをしながら作業をするため、十分な熱中症対策に取り組んでいます。

 

現在、私が配属されている現場は、新幹線工事の付属建屋の建設です。

他工事との工事動線が混合しているため、搬入の時間など打合せが大切になってきます。

会社から支給されたタブレットを利用して、搬入予定表などのエクセルデータをリアルタイムに共有することで、

各々が他の打合せをしていてもスムーズに進めることができるようになりました。大変便利で有効に使わせて頂いております。

また、9月半ばからは、本格的に駅舎の着工準備を開始していきます。

9月末には200tクローラークレーンの組立、10月から作業構台の組立、11月には本体鉄骨建て方と工事を進めていき、

2023年春開業という大きな目標に向けて、安全な作業環境を整備しながらみんなで一致団結して、現場を無事故無災害で完工したいと思います。

 

コロナウイルスが早く終息し、北陸新幹線が開通した時には、多くの人に新しい駅を利用していただき、経済が良くなっていってほしいと思います。 K.N.

トーケンマンへの道のり

2020年8月27日

2020.08.27 北村優馬

技師長によるトーケンアカデミーの授業

厳しい暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

猛暑が続く中、新型コロナウイルスの影響もあり、マスク着用が必須の日々ではありますが、

水分補給、適度な睡眠をとり、徹底した体調管理を行うことが熱中症や感染予防につながると思っております。

 

 

現在、私は新入社員として、建築漬けの日々を送っています。

トーケンアカデミーでは、幹部の方々や協力企業の方々の講義を受け、社会人としての生き方や専門知識を学ぶことができます。プライベートでは、一級建築士試験の勉強を行っており、毎日が充実した建築漬けの生活になっています。また、研修期間中に知識を蓄えられることで、現場配属前の準備がしっかりとできていることを実感する日々でもあります。このようにトーケンアカデミーは、私たち新入社員の成長を促すための要素が詰め込まれており、様々な付加価値を与えてくれています。この環境に感謝いたします。また、このアカデミーで私が特に、感謝しているのは、自分の目標をつくることができたことです。入社した当初は、社会人としての在り方や目的が不透明のままでしたが、この研修を受けたことにより、愛社精神が芽生え、会社のために努力したいと思えるようになりました。このような心構えや考え方も学べる企業は他にないと思います。

 

 

私の目標は、立派なトーケンマンになることです。まだまだ経験も知識も足りず、道のりは長く、険しいものであります。

しかし、トーケンの綱領にあるように、志気凛然と事に向かい、日々邁進していきたいと思います。 Y.K.

絶え間ない改革を自分から

2020年8月24日

DSC_0434.JPG8月下旬に入り、連日猛暑が続いています。今年はそれに加えて、コロナによる生活の変化対応、対策が必要であります。

感染症対策や熱中症対策など、体調管理には十分気を付けていく必要があります。

 

 

写真は、現在工事中の某クリニック新築工事状況です。来月の竣工に向けて、現在内装仕上げ、外構工事中です。建設業での喜びは、苦労して苦労して、その中で、建物が完成した時の達成感や、お客様に喜んで頂くことにあると、私は考えます。より良い建物づくりのためには、工事中にお客様や設計様の意向や思いを建物づくりに反映すべく、何回も打ち合わせを重ねていく、それを各専門業者さんとも打ち合わせを重ね、現場にてそれをチェックして反映していく必要があると思います。

 

 

HORIZON_0001_BURST20200824103956159_COVER.JPGしかしながら、今年は、コロナが猛威を振るい、3密を避けた打ち合わせの開催、遠方でもオンライン打ち合わせの採用など、通常の、顔を突き合わせての打ち合わせが困難な中でも、様々な取り組みにより、工事を進めています。弊社では、現場ライブカメラの設置や、タブレットの活用により、お客様や設計様が、現場に行けなくても、どこからでも現場状況が確認できるよう、現場の見える化、オープン化に取り組んでいます。

 

 

私は今回この現場を通して、お客様に、積極的に現場に参加頂き、建物づくりを一緒に行っていくためにどうしたら良いのか、そのために自ら考え、様々なツールを積極的に取り入れてみて、行動していくという私自身の意識改革が改めて重要であると思いました。これからに活かすべく、絶え間ない改革を自分から行動していく気概をもって、仕事に励んでいきたいと思います。 T.D.

 

逞しい成長に期待!

2020年8月20日

2020.08.20杖村梅雨が終わったと思ったら毎日猛暑が続いており、屋外で仕事をする人にとっては雨対策や暑さ対策と毎日大変な日が続いております。

世の中はまだまだ新型コロナの影響が大きく第2波が押しかけてきており、現場では入場者への体温や体調チェックを毎日行い、3密を避ける工夫等を行っています。最近では熱中症対策としてマスクでなく、透明のマウスシールドを配布しコロナ&熱中症対策を行っております。

 

 

そんな中、工務部の新入社員は4月より社内研修「トーケンアカデミー」として5ヶ月の社内研修を受けてきました。技師長をはじめ、社員や協力業者の方等が講師として指導を行ってきましたが、早いもので今月末に研修を終え、9月からはそれぞれが各現場へ配属され、現場業務を行う事となります。今までの研修で学んだ事を現場で実践・発揮する、奮闘の日々が待っています。

 

 

本人たちは希望や目標があるものの、これまでの研修での環境と異なり、不安な事も多いと思います。今後、先輩社員から様々な指導をして頂くと思いますが、辛い時や悩んだときは一人で悩まず、同期のメンバーや岡校長をはじめ社内の先輩に相談しながら頑張って、逞しく成長することを期待しております。O.T.

感謝

2020年8月11日

グリーンビズ事業部員

グリーンビズ事業部員

夏とはいえ、急激な暑さがやってきました。

今年は年の初めから新型コロナ問題、それに伴う働き方の変化、景気の悪化と課題が続けざまに起こっています。

天候も急な大雨や、異常な長梅雨、8月になってやっと梅雨が明けました。盛夏の候と書くより、猛暑の項です。

新型コロナ対策のマスク着用が熱中症になる原因にもなっています。

 

 

トーケンは建設業です。当たり前ですが、建築現場が利益を生む大切な場所です。

新型コロナ対策、熱中症対策等さまざまな問題の対応が必要な中、現場で働く工務部の皆さん、協力業者の皆さんの努力に頭が下がります。

営業の皆さんも景気の悪化が言われる中で様々な取組をされています。設計や積算、管理部門の皆さんも一丸となって対応されています。

 

 

このような状況の中、私は、今チャレンジしている事を成し遂げる為に、7月から一点集中で対応させて頂いています。

こうしたチャレンジが出来るのも、経営陣はもちろん、現場の皆さんをはじめとする社員皆さんのおかげです。

心から感謝しています。

 

わがグリーンビズ事業部も、客先との新しい対応が求められています。特に県外のお客様への対応、屋上緑化の維持管理作業の実施の仕方等、今までとは違う対応に全員が努力しています。

更に私のチャレンジの為に負担をかけています。仕事の分担も増え大変です。しかし、部員がしっかりと対応してくれています。

心から感謝しています。

 

そして、私の働き方も変わり家族にも負担をかけていますが、応援してくれています。

心から感謝しています。

 

 

皆さんへの感謝の心を忘れずに、皆さんと同じ方向を向いて、地域スーパーゼネコンを実現する一翼になる為、結果を出したいと思います。 Y.T.

気を引き締めて

2020年8月6日

2020.08.06谷口7月27日に創立50周年・労災互助会総会、新社長のお披露目等の各行事を終えました。

強力新体制のもと、現在トーケンは、新会長・社長の号令により、営業部・工務部をはじめ各部門が一体となり、5年連続の“売上100憶円”達成の為、日々奮闘しております。しかし、8月1日の北陸地方の梅雨明けと共に、一段と暑さが厳しくなり、新型コロナ対策に加え、熱中症にも十分な注意と対策が必要となってきており、会社からは例年以上に気を付けるよう、指示がありました。

 

私が担当するTMS(トーケンリンク・メンテナンス・サービス)は、クレームや営修繕工事の管理をメイン業務としております。従来のお客様や、新規のお客様からの困り事・相談事を「ワガコト」と捉え、親切丁寧に、またスピード感を持って対応する事を心掛け、「地域のお役立ち企業」の一員として責任と自覚を持ち、努めていきたいと思います。

 

 

まもなく、夏季休暇の連休に入りますが、コロナ感染防止と熱中症に十分注意し、お客様にご心配やご迷惑をお掛けすることがないよう、業務に励んでいきたいと思います。 T.T.

未来への胎動

2020年8月3日

2020.08.03北川竣2先日から好天が続き、より夏を感じる日々になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。私は資格取得に向け、朝から晩まで勉強に励んでいます。また、湿気を帯びた温気となっていますので、熱中症には十分な対策を心がけましょう。

 

 

さて、私は今トーケンアカデミー〈未来への胎動塾〉の研修を受けさせて頂いています。この研修は学校のように講義が割り振られ、社内講習や企業講習、実務など幅広く学べることが魅力です。大学では学ぶことが無かった安全に関する知識は、現場において重要項目であるため、現場配属の前に学ぶことができて良かったと感じています。ある上司から、「知らないことほど、怖いことは無い。」と教えて頂いた通り、入社直後の自分が現場に配属されていたら、度々失敗を重ね、思い悩む日々が続いていたと思います。そんな不安を払拭し、円滑に現場配属されることがトーケンアカデミーのねらいです。まだまだ学び足りないところはありますが、先を見据えた〈未来への胎動〉となるように残り1か月、より一層精進して参りたいと思います。

 

 

最後に、世間ではコロナウィルスが猛威を奮い、終息の目途は立ちませんが、ピンチをチャンスに変えていく機会でもあると捉えています。経営信条に「社員が主役」とあるように自分に出来ることはなにか、新入社員なりにも模索していきたいと思います。 S.K.

新しい挑戦を!!

2020年7月30日

2020.07.30田中悠7月27日に創立50周年を迎えるとともに、新組織の体制となりました。私は入社してまだ4年目ですが、50周年という記念すべき節目をトーケン社員として立ち会えた事を嬉しく思います。そしてもっと頑張ろうという気持ちが強く湧いてきました。

 

 

入社から4年間で様々な経験をさせて頂き成長できたと感じる部分がある反面、まだまだチャレンジができていないことが多々あり、失敗を恐れている自分がいると感じます。しかし、今回会社が創立50周年を迎え、新しい組織体制になったこの瞬間を迎えて、私自身も変わっていこうと強く思いました。失敗を恐れていては先へは進めません。自分の殻を破り、限界をつくらず、積極的に何事にも挑戦していきたいと思います。

 

 

まだまだ知識も浅くわからないことが多いですが、日々の業務から考え学び、地域に貢献できるように頑張っていきたいです。そして、チャレンジ精神を持ち、新しいことに触れる機会を大切にしてさらなるスキルアップを目指し、「地域スーパーゼネコンの使命を果たすことが出来る」設計士へとなりたいと思います。 Y.T.

本日はトーケン創立記念日(50周年)

2020年7月27日

2020.07.27高木

本日、7月27日は当社トーケンの創立記念日で、大きな節目の創立50周年を迎えました。また本日より新組織の会社体制となります。私の所属する工務部員の作業服も本日より新しいデザインとなり、真新しい作業服を見ると入社時のこと思い出し、身の引き締まる思いです。

私が当社に入社したのは、創立20周年頃でした。それから30年が経過し、小松のトーケンから石川のトーケンに成長、発展することができたのは、会社トップと全社員の改革への挑戦の結果だと思います。私自身も今後、会社の更なる発展と自分自身の成長に向け、日々の業務に励んでいきたいと思います。

 

 

現在私は、昨年秋より配属された小松市の学校建設の現場管理を担当しており、来月末の完成に向けて最終段階となりました。来週より各種検査関係が始まりますが、使いやすく良い建物が完成引き渡し出来る様、現場所長、現場スタッフ、取引業者の皆様方と協力し、今後も現場業務に取り組みたいと思います。

また今月中頃から、新型コロナ感染者数も全国的に増加し、石川県内でも確認されています。現場での日常の感染防止対策を怠らず、また熱中症にも十分注意し現場業務に取り組みたいと思います。

 

7月終盤となりましたが、まだまだ雨の日が多く、梅雨明けはまだ先になりそうですね。☂ T.T.

ページ上部へ戻る